ホーム | 文芸 | 連載小説 | パナマを越えて=本間剛夫 | パナマを越えて=本間剛夫=48

パナマを越えて=本間剛夫=48

 私にとっては思いもかけない待遇であった。五十円でも生活は無理ではない。とにかくブラジルに帰る日までの生活が維持できれば、それ以上の望みはない。私は深々と頭を下げた。
 統いて「学校の近くに下宿を見つけときましょう」。来月から来て貰うことにして、それまでに「ブラジルに置けるアメリカ系企業の財政的役割」について英文でまとめてきて下さい。辞令はそのときお渡しします」
 これで私の日本における初めての就職がきまった。部長からの宿題は、ユナイテッド・フルーツ会社とステート・ユニオン銀行の営業活動に主題にしよう。ブラジル経済を左右しているのはこの二大企業なのだから……。
 私はその夕方、上野行急行に乗った。前途は明るかった。それから三カ月で大東亜戦が始まり、私は召集されたのだった。

 翌朝、私はまっさきに昨日入院した石川農耕班の患者を見舞った。昨日、命令受領のあと、農耕班の曹長と一時間ちかく行動をともにして、患者が帰営したい希望をもっていることを話し、特別の取り計らいで退院できるようにしてもらいたいと頼むのを全く忘れていたのだ。
 患者は「起床!」の声がかかれば、重患でない限り、床の上に上体をおこし軍人勅諭を称えることになっていた。彼は私が近づいていくのをみると上体を折って丁寧に礼をした。昨日よりも元気に見えた。
 多分、昨日は直射日光に照らされながら三角山の稜線を越えてきたために疲労が激しかったのだろう。私は驚いてはいけないよ、と前置きして上野上等兵が敵機の銃撃を受けて戦死したことを話した。
「…………」
 患者は一瞬、眼を大きく開いて私の顔を見上げたが、声が出なかった。
「……私のために……申しわけないことを……」
 患者は肩を落として呟くように云って俯向いた。
「お前は、やはり隊へ返りたいか。どうしても帰りたいなら、曹長どのに話して手続きをとってもらう。しかし、入院は班の命令なのだ。お前だけが、特別の扱いをうけるわけにはいかない。それは、分ってるんだな」
 俯向いて聞いている少年のような患者が憐れであった。
「昨日、内地から潜水艦が米や籾や野菜の種子を積んできてくれた。米も食べられる、十分ではなくても。病気が治るか治らないかは、お前の心の持ち方一つだよ。上野上等兵のためにも、お前は病気を治さなくちゃならない。上等兵の分までご奉公するんだ」
「おれが直してやる。心配するなって!」
 その時、私の背後で叫んだのは三浦軍曹だった。
 私は急いで立ち上がって昨日の無礼を詫びた。軍曹の感情を刺激するような、申告の態度が悪かったのだ。
「お前は、早く朝めしの支度をしろ」
 軍曹が昨日のことに触れないのはありがたかった。
 医務室に戻ると、大場と細谷が粥の盛りつけを始めていた。二人は私を見ると
「兵長どの、無理をしないで下さい。胸は痛みませんですか」
 と心配そうに眼を向けた。
 その時、濠の上を重爆編隊の轟音が島全体をゆるがしたと思うと、三角山の西方に爆弾を投下する、ドッスーンという凄絶な地響きを伝えてきた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今週末の催し2003年2月14日 今週末の催し 2月14日(金) 日曜日  パウリスタ相撲選手権大会、十六日午前八時半、ボンレチーロ常設土俵。      □  佐賀県人会総会、新年祝賀会、十六日午前十時半、会館。 […]
  • 《ブラジル》中銀=Selicが年3・5%に=予告通り0・75%P引上げ=インフレ高進の抑制に必死2021年5月7日 《ブラジル》中銀=Selicが年3・5%に=予告通り0・75%P引上げ=インフレ高進の抑制に必死  中銀の通貨政策委員会(Copom)が5日、経済基本金利(Selic)を0・75%ポイント引き上げ、年3・5%とする事を決めたと5日付現地サイトが報じた。  Selicは、経済活動が減速、低下している場合は、景気を刺激するために引き下げられ、インフレが高進している場合 […]
  • 東西南北2019年5月3日 東西南北  日本では新元号「令和」がはじまった5月1日は、労働者が毎年、権利要求などを行う「メーデー」でもあり、今年も各地で労働組合による集会が行われた。サンパウロ市のものはセントロのアニャンガバウーで行われ、約20万人ほどが集まった。集会の焦点は、予想された通り、ボルソナロ政権が行おう […]
  • FP政策割り当て予算ゼロに=医薬品割引来年より廃止2015年9月30日 FP政策割り当て予算ゼロに=医薬品割引来年より廃止  予算の締め付けは中流階級にもお気に入りの医療政策にも影響を及ぼす事になったと29日付エスタード紙が報じた。 06年に始まり、指定薬局なら政府援助の指定医薬品が廉価で買える〃アキ・テン・ファルマシア・ポプラル〃(FP、「ここに大衆薬局あります」の意)に来年度の予算がつかず、事実 […]
  • 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第110回2013年7月31日 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第110回 ニッケイ新聞 2013年7月5日 「パウロ、聞いてくれ。叫子と相談したんだ」  顔を上げたパウロは涙を流していた。テーブルの上にあったティシュペーパーを二三枚引き抜き、叫子がパウロに渡した。涙を拭きながら、小宮をじっと見つめた。 […]