ホーム | コラム | 樹海 | 川柳作家 平谷伊佐さん、侍のごとく往く

川柳作家 平谷伊佐さん、侍のごとく往く

 オザスコ聖西吟社代表の川柳作家・平谷伊佐さん(本名=勲、和歌山県田辺市)が2月13日に70歳でガンのため逝去された。3月の詩歌サロン「ふろんていら」44号に掲載されたものが遺作となった▼全伯川柳大会の案内に来社した青井万賀さんと斉藤晃伯(こうはく)さんは、「まだまだ油が乗っていて、これからという年だったのに」とその死を悼む。二人によれば、平谷さんは死の直前、同吟社の月報で「お迎えは どこの国から 来るのだろう」などと、今思えばまるで死期を予期していたかのようで、なおかつ移民らしい心境の作品を発表していた▼一見すると頑健そうで創作意欲も衰えず、身体の不調などおくびにも出さなかった。「後になって、どこかで分かっていたのかなあって思った。彼が朝からピンガを飲んでいたのも、痛みを和らげるためだったのかも」と二人はしみじみと回想する▼死の当日、平谷さんは入浴して体を清めると、床に入り、そのまま静かに息を引き取ったという。その様子を語り終えた斉藤さんは「生きるのは難しいけど、死ぬのも難しい」との至言を吐き、二人で「死に際を心得た侍のようだ」と賞賛した▼服薬や手術、延命処置を重ねれば、寝たきりでも生き続けられる時代にあって、いつまでも生にしがみつく人もいれば、若くして自ら命を絶つ人や事故で突然死する人、穏やかな自然死に恵まれる人もいる▼世の中には人の数だけ生と死があるが、平谷さんのような死に方は中々出来るものではなく、その潔さはすがすがしくすらある▼「惜しまれて 余力を残して 引退する」。まさに句に描いた通りの幕引きとなった。合掌。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第82話2020年11月27日 中島宏著『クリスト・レイ』第82話  上塚が新たに植民地を創設するという話があちこちの地方の日本人移民たちに伝わると、多くの希望者たちが競うようにして集まって来た。その中には、今村の隠れキリシタンの人々も含まれていた。前述したように、この時点での移民たちは、まだ余裕などなく、分譲地であるにしても、それを即金で払え […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第76話2020年11月17日 中島宏著『クリスト・レイ』第76話  やっと手に入っても、満足するような量はなく、おまけにその価格は驚くほど高いものであった。しかし、背に腹は代えられず、とにかく入手できるものはすべて購入し、マラリアに罹った人々に与えた。それによって小康状態を保ち、徐々に回復して行く人々もいたが、それでも犠牲者の増加は後を絶たず […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(8)2020年9月19日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(8)  のちに日本新聞を始める翁長助成(おながすけなり)は、日伯新聞の主筆をやった時代がある。翁長と親交の深かった河合武夫は「モッカの場末のポロン(地下室)ではグーデンベルグが創始した頃のような手刷りの印刷機で双肌脱いだ元気の若い彼(翁長)が、気合諸共エイッと一枚ずつ刷る。十 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(249)2020年5月8日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(249)  ほんの少しの暇があれば、浜辺にいける。宿直がない水曜日か木曜日の夜、サントスのヴィラ・ベルミロ球場まで足を延ばしサッカーの試合が見られるかもしれない。チームにはジット、ラエルシ、フォルミガ、ペペ、パゴゴアンなどの名選手がそろっていた。また、ペレーとかいうおかしな名前の少年が頭 […]
  • わが体験的感冒予防法=サンパウロ州アルミニオ市在住 塩見岳人(しおみがくんど)2020年4月14日 わが体験的感冒予防法=サンパウロ州アルミニオ市在住 塩見岳人(しおみがくんど)  「二十年以上風邪をひかないんですよ」と言うと、人の反応はさまざまである。信じる人、信じない人に分かれるのだが、信じるにしても素直には信じない。あるいは、――自慢しているナ、もしかしたら嘘かも知れない――と思われて話がシラけてしまう。  「ほう」と言ってニヤニヤして私 […]