ホーム | コラム | 樹海 | チームワークの大切さ

チームワークの大切さ

 15日朝、自宅にエスタード紙が届かず、不配の苦情電話を入れた。最初は「配達が遅れているが7時半までに届く」というので、待っていたが届かず。もう1度電話したら、「午後2時までに届ける」という▼このやり取りで、学生時代(日本)に新聞配達をやっていた時の経験を思い出した。天候に関係なく、何時までには届けろと命じられた配達員は、店に着くとチラシを組み込み、各地区に出て行く。寝坊をして雷を食らうのもいたが、怖いのは事故やケガだ。要所要所に新聞を届け、自動販売機の管理も行っていた人が事故を起こした時は皆でカバーした。ただし、今回のエスタード紙不配の理由は不明だ▼新聞が購読者に届くには、紙面を作る作業と、業務管理、印刷、配送、配達といった作業が欠かせないし、各工程の力量が不均衡な時や各自の力量を知らない時などは作業が滞る。丁度、桶を作る時、板の長さが違うと、一番短い板の高さまでしか水を溜められないのと同じだ。当然、各工程の責任者には、全体が見え、自分が管轄する部署の人員の力量を知る事が求められる▼この原則は新聞社に限らない。生徒が増えたため、ベテラン2人の退職後、新人5人を採用したが、ミス連続で泣く塾経営者の話を聞いた。ボウソナロ大統領が議員代表団の目前で「教育省の支出削減を見直せ」と電話したら、その直後に3閣僚が無理だと言って来たという話もこの類の逸話だ。チームワークは一朝一夕では生まれないし、要を務める人材によるところも大きい。だからこそ、トップには、自己練磨や互いと現状の理解、結果を出すための努力が不可欠だ。周囲にも支える力が必要だが…。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 小さな注意が大きな差を生む2019年7月18日 小さな注意が大きな差を生む  このところ、気を重くさせるような話ばかりが続いていたが、サンパウロ州海岸部のサンヴィセンテの町からちょっと嬉しい話が届いた▼主人公は大天使ミカエルのシャラー(同名の人)で、8歳の少年だ。ミカエル君は常々、「僕が使うバス停はいつもごみで汚れている」とこぼしていた。母親のミカルさ […]
  • 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで2019年7月16日 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで  ペルーに6年住み、南米を取材して回った経験がある元朝日新聞記者、三山喬(たかし)さんの新著『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』(岩波書店)が手元に届き、パラパラと見ていて次の一文を見つけて、アッと唸った。  《世界のウチナーンチュ […]
  • 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは2019年7月9日 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは  県連日本祭りの裏方である県連執行部はもちろん、ボランティアとして働いた各県人会の役員や婦人部、青年部、それぞれのブースで働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。  本国以外では世界最大規模の日本祭りにして、昨年は眞子内親王殿下をお迎えして移民110周 […]
  • わかっちゃいるけどやめられない!?2019年7月4日 わかっちゃいるけどやめられない!?  その昔、「わかっちゃいるけどやめられない」という歌詞の入った曲があった。「わかっちゃいるけど」の後には、「始められない」「言い出せない」など、色々な台詞も入りうる▼身近な人が「止められない」と言う例には喫煙や浪費癖、飲酒、喧嘩などがある。3日のTVでは、喫煙者は視力を失う可能 […]