ホーム | 日系社会ニュース | 横浜=ペルー移住史料館を紹介=改修後の展示の見所など

横浜=ペルー移住史料館を紹介=改修後の展示の見所など

講演会チラシの一部

講演会チラシの一部

 JICA横浜海外移住史料館で「世界遺産都市リマの隠れた名所 日本人ペルー移住史料館〝平岡千代照〟」についての講演会が、日本時間の10月31日(土)11時から12時かけてオンラインアプリZOOMを使って開催される。
 講師にはペルーの同史料館に初めてJICA海外協力隊として派遣されたOGの大野博子さんを迎え、昨年リニューアルされたばかりだという最新の展示の見どころやボランティアとしての活動の様子や、滞在したペルーの魅力などが語られる。
 参加費は無料。定員は先着100人まで。申し込みはメールに、氏名、申込者メールアドレス、職業(高校生・教員・会社員など)を記入のうえ、メールの件名に「移住資料館講演会(10/31)参加」と書いてjicayic_jomm_info@jica.go.jp宛てに申し込むこと。
 当日使用するZOOMのアクセスURLはイベント開催の一営業日前に届く。届かない場合は問合わせを。
 問合わせ先はJICA横浜 海外移住資料館(電話番号=045・663・3257、メール=jicayic_jomm_info@jica.go.jp)。イベント詳細はサイト(https://www.jica.go.jp/jomm/events/2020/201031.html)で確認できる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル最高裁》大統領指名新判事に反対の声=予想覆す穏健な人選に2020年10月2日 《ブラジル最高裁》大統領指名新判事に反対の声=予想覆す穏健な人選に  ボルソナロ大統領が最高裁の新判事にと考えている候補が、味方から批判を浴びる事態が起きている。1日付現地サイトが報じている。  10月13日に退官予定のセルソ・デ・メロ判事の後継者として、大統領は最高裁判事たちにカシオ・ヌーネス氏を指名する意向だと伝えた。ジウマル・メ […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(4)2020年9月12日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(4)  笠戸丸移民の多くが幼年期から思春期という人格形成期をすごした明治20年代(1887年~1897年)以降は、日本という国家自体もまた形成期でもあった。欧米列強に侵略されないように富国強兵を旗印にし、ドイツなどを模範にして矢継ぎ早に社会構造を根本から変えていった。  サ […]
  • 《ブラジル》インフレが低すぎて中銀が釈明=18年前のインフレ目標設定開始以来初2017年12月14日 《ブラジル》インフレが低すぎて中銀が釈明=18年前のインフレ目標設定開始以来初  ブラジル中銀は先週、今年のインフレ率予測を10月発表時の3・3%から2・9%に修正した。この数値は、目標の「4・5%±1・5%」を下回る。  長年、高インフレに悩まされてきた庶民には、一見嬉しい知らせにも思える。しかし、中銀は、インフレ目標の上限を上回っても、下限を下回って […]
  • 東西南北2008年8月30日 東西南北 ニッケイ新聞 2008年8月30日付け […]
  • スシ詰め状態の刑務所=逮捕者の増加に追いつかず=サンパウロ州2007年3月23日 スシ詰め状態の刑務所=逮捕者の増加に追いつかず=サンパウロ州 2007年3月23日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙十六日】サンパウロ州で犯罪人の検挙が増加して警察の評価が高まる反面、収容する場所が不足して刑務所がスシ詰め状態になっている実態が浮き彫りとなった。 […]