ホーム | 日系社会ニュース | ■休刊のお知らせ■

■休刊のお知らせ■

 25日(金)がサンパウロ市創立記念日のため、翌26日(土)付本紙は休刊となります。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ・フンシャル移住地=今なお語り継がれる電撃訪問=早朝6時の衝撃、村民呆然2019年2月23日 リオ・フンシャル移住地=今なお語り継がれる電撃訪問=早朝6時の衝撃、村民呆然  「殿下がお見えになったのは、昭和42(1967)年5月27日の早朝6時頃でした。あの日の衝撃は今でも忘れられない」――リオ州フンシャル移住地在住の小松滋さん(63、北海道)は、当時の様子を昨日のことのように刻銘に記憶している。  1967年5月、ご成婚後、初めてブラ […]
  • 松柏・大志万学院=「これが日本の神様なんだね」=拝謁に浴した生徒が変心2019年2月23日 松柏・大志万学院=「これが日本の神様なんだね」=拝謁に浴した生徒が変心  日本の心を教え続けるる松柏・大志万学院の創立者、川村真倫子さん(90、二世)は「両陛下は本当に不思議なおかた。拝謁した子供達がみるみると変わるのを間近で見てきた」と話す。  同校では、2年毎に訪日使節団を派遣し、生徒は約50日間、全国津々浦々を訪問している。新年の一 […]
  • 78年、モジ日系社会ご訪問=日本通りが発展の礎に2019年2月23日 78年、モジ日系社会ご訪問=日本通りが発展の礎に  聖市近郊、モジ・ダス・クルーゼス文化協会元理事長の山元治彦さんは、78年に両殿下がモジをご訪問された際、警備にあたり、市内の移民広場を車でお通りになったときに遠くから拝謁したという。「すごい人だかりで、感激したのを今でも覚えている」と話す。  両殿下のご訪問を記念し […]
  • 苦労が滲んだご在位30年=慰霊の旅を続けた今上陛下2019年2月23日 苦労が滲んだご在位30年=慰霊の旅を続けた今上陛下  「もう、ダメか」――病床にて最期の瞬間まで沖縄に思いを寄せ、ご訪問叶わずに崩御された昭和天皇。その遺志を継がれ、地上戦で20万人以上が犠牲となった沖縄に計11回訪れ、慰霊の旅を続けてこられた今上陛下に特別な思いを寄せる人がいる。  沖縄県人会元会長で、糸満市米須出身 […]
  • 「娘がお世話になりました」=皇后陛下の気配りに感激2019年2月23日 「娘がお世話になりました」=皇后陛下の気配りに感激  97年の両陛下ご来伯でご案内役を務めた文協元会長の山内淳さん(87、二世)は、皇后陛下の細やかなお気遣いに深い感銘を受けたという。  イタマラチー宮(ブラジル外務省)でご接見を受けた時のこと。皇后陛下が「娘がお世話になりました」とお言葉をかけられた。山内さんは「何の […]