ホーム | 文芸 | 連載小説 | ガウショ物語=シモンエス・ロッペス・ネット著(監修・柴門明子、翻訳サークル・アイリス) | ガウショ物語=(13)=底なし沼のバラ=<5>=「あの花は?」「娘のだ!」

ガウショ物語=(13)=底なし沼のバラ=<5>=「あの花は?」「娘のだ!」

 その時、旅慣れて、広い世間を見た来たことを自慢げに話す一人のガウショが、わしの上着の袖を引っぱって、耳元で囁いた。
 「シッコンは娘を追い回していた。……やつは家にいなかったし、俺たちとも来ていない。娘もいない……。なあ、仲間、どう思うかね?……」
 「フン!」わしはそれしか答えなかったが、男の言葉が耳の底にこびりついていた。
 だが、そいつは肝のすわった奴で、自分の考えをだれかれに話した。そのうち、だれもが男の意見に同調してガヤガヤ言い出し、とうとう一人の間抜け野郎がそれをマリアノに伝えたもんだ。
 マリアノはシッコンを探すかのように周囲を見回したが、そのあと吐き気をもよおしたみたいな様子で、腹立たしげな仕種を見せた……。
 娘は自分にぞっこん惚れ込んでいるあの野郎と逃げたと、本気で考えているのだろうか……そんなこともあるかもしれない……あいつが娘の周りをうろついていたことは、みなが知っている。
 娘がまったく気を許していなかったことも。それなのに、何で今になって、急に駆け落ちなどしたのだ?分らないのはそれなんだ!……。
 同時にまた、べつの疑問が頭をもたげてくる。――だれが祖母さんを殺したんだ? 何のために?……。
 男たちがこうして頭を悩ましているとき、女たちのわめき声が聞こえてきた。歩いて農場に向っていた女どもがタナジア母さんに出会ったんだ。
 女連中が着くより早く、先頭を走ってきた雑種の犬どもは、グアバの木の下に逃げ込んだ。好奇心いっぱいのすばしこい子どもたちは、何か獣でもいるのかと集まってきたが……びっくりして後ずさりした。顔をそむけ、泣き出すもの、言葉もなく、ただ沼地を指差すもの……。
 女たちが目にしたのは……沼にはまり込んだシッコンだ。泥にはまり込んだシッコン、そのすぐ先に、掻き回された泥水に、真赤なバラが、バラの花が浮かんでいた。なぜなら、娘は泥水深く沈んで、溺れてしまったからだ。
 なんで……どうして……シッコンの所為(せい)か?……乱暴を働こうとしたシッコンを恐れたためか?……窮地にはまった悪党を、ただ呆然と見守る女たち、その中で、一人の気丈な女が「この恥知らずの犬め!」と叫んだ。――その時だ。やつのお袋さんが、溢れる涙を抑えて訊いた。
 「シッコン、お前、どういうことなんだい?」
「嵌っちまった……拍車が。……投げ縄を!」
「お前!……情けない!マリア・アルチナはどうしたんだい?……」
「そこだ!……そのバラの下……」
 ちょうどこの時、丘の上の家々から叫び声が上った。泣き声、呼び声を耳にして、わしらは急いで坂を下りた。マリアノは目を血走らせ、イノシシみたいに歯をガチガチ鳴らしながら。
 沼までやってきて、あの卑劣な女たらしのあり様を見ていると、一人が声高く言った。
 「縄をなげて、沼から引っ張り出してやろうじゃないか!……」
だが、マリアノが、
 「待て!」と叫んだ。それから、嵌り込んでいる男に訊ねた。
 「何で、ばあさんを殺した?……」
 「しらねぇ!」
 「マリア・アルチナはどこだ?」
 「しらねぇ」
 「貴様の前の、その穴はなんだ?」
 「しるもんか!」
 「じゃ、あのバラは……あれも知らんというか?……」
 「ああ、それは、知ってるさ! あの娘のだ……ばあさんも、俺がやった……それがどうした?……」
 「貴様の頭をぶち抜いてやる!」
 「やって見ろ! 拍車さえはずせたら!」
 マリアノはベルトからピストルを抜くなりぶっ放した……が、弾は外れた。二発目。弾はシッコンの肩に当たり、男は痛みに唸り声をあげて身をよじらせた。体を安定させようとしたが、いい方の腕は折れ重なった水草に支えを求めて泥に沈んだ。この荒々しい動きと衝撃で、沼全体が揺れ、不気味な音をたててぶくぶくと泡立った。
 マリアノはもう一丁のピストルのげきてつ檄鉄を起こした。シッコンが怒鳴った。
 「殺せ! 俺はやれなかった!……だが、あの軍曹にも、もうできん!……」
 その時、シッコンの母親がマリアノの膝に抱きついた。伝道師がロザリオの十字架を高く掲げると、そのキリスト像をピストルの筒先に差し込んだ。マリアノは腕を、少し……また少し、下ろした。そして、ついにピストルを泥濘に放り投げた。と、突然、杭から解かれた競走馬みたいに飛び出し、草地を走り抜けて泥沼に飛び込んだ……。
 そして、半ば歩いたり、半ば四つんばいになったり、倒れたり、腕で水を掻いたり、沈んだり、浮き上がったりして、全身泥まみれになりながら、シッコンのそばまで辿りついた。
 それから、死んだ馬の体の上に――恐らく――足を踏ん張って、卑劣漢に飛びかかると、泥のしたたる両の手でのど仏を締め上げた……押さえつけ、締め付け……後ろへ……後ろへと押していき……ああっ! 組み合ったまま滑って泥沼に落ちた。一本の脚が空を切った――拍車を解かれたシッコンの脚だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第9回2013年2月7日 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第9回 ニッケイ新聞 2013年2月7日 「いや、わからんね」 […]
  • 神楽の衣装開きも=広島県人会、楽しい総会へ2005年2月16日 神楽の衣装開きも=広島県人会、楽しい総会へ 2月16日(水) […]
  • 東西南北2018年6月12日 東西南北  本頁で報じているダッタフォーリャの調査ではテメル政権に関する調査も行われている。それによると、国民のテメル政権不支持率は82%にも及んでいることがわかった。さらに、「経済状況は悪化している」という意見も72%に達している。テメル政権としては、「景気は回復した」として、前財相の […]
  • 高速鉄道構想リスクに=国庫からも出資準備2010年5月20日 高速鉄道構想リスクに=国庫からも出資準備 ニッケイ新聞 2010年5月20日付け  約364億レアルの総工費がかかると見込まれるリオ、サンパウロ、カンピーナス間をつなぐ高速鉄道構想で、政府は社会開発銀行(BNDES)からも出資を行う意向を示している。19日付エスタード紙が報じた。 […]
  • アップルと戦う日本企業2014年11月20日 アップルと戦う日本企業  先日、ブリヂストンの現地法人の工場を見学し、巨大な機器の精密な動きに見入りながら、一本のタイヤにどれだけ日本の高度な技術が凝縮されているのだろうかと想像した▼今年8月、アップルの下請け企業「島野製作所」が同社を独占禁止法違反と特許権侵害で訴えた。ダイヤモンド・オンラインに […]