ガウショ物語=(16)=チーズを食わせろ!=<1>

 レッサ爺さんというのは、背が低くてずんぐりしていて、赤い髪に赤ら顔……それに、俊敏で経験を積んだ目――と、まあ、こういった人物だった。だが、体は小さいが逆に大きな心の持ち主だった。
 それに分別もあった。人との約束を反古にするようなことはなかったし、伸びきった犬の皮みたいな長話をするでもない。口数少なく、口を開くと出てくる言葉は断定的だった。爺さんにとって口約束こそは絶対であり、役所の書類より価値あるものだった。白は白、黒は黒とはっきりしていた。
 そう言えば――
 ある時、センツリオンの渡しという所に大きな雑貨屋があったが、そこには流れ者や牛追いの連中や、ガウショのならずものや牧夫たちがたむろしていた。ちょうどそこへ、レッサ爺さんが小高い丘を身軽に駆け下りて、ブチアー椰子の並木が両側に広がる柔らかい緑の牧草に影を投げかけている道に入ってきた。
 雑貨屋では遠くからもう何処の誰かと言い当てている者がいた、すかさず他の一人が「もうすぐ俺たちはただでチーズが食えるぞ!」といった……。
 この御仁は背の高いウルグアイ人で、髪が長く、顔は髭に埋っていた。おしゃれのつもりか、その長い髪を編んでいたが、だれかがそれをからかったりでもすると、たちまち山刀の立ち回りが始まる。それは主に退屈しのぎの遊びなんだが、相手の血を見るまで続くのだった。
 レッサ爺さんはのんびりした様子で近づいてきて、馬を止めると丁寧に帽子のはしを持ち上げて、
「やあ、皆さん、よい日和で!」
 ゆっくりと馬から下りた。
 足を引きずる老馬の首に手綱をかけ、暑いだろうと鞍の敷き皮を二つに折って、風が通りやすくしてやった。
 店に入ろうとしたとき、右手の方から出てくるウルグアイ人にでくわした。ちょうど、店の主人が挨拶の声をかけたところだった。
「やあ、ニッコさん。よく来たな! で、カングスーから来なすったか、それとも行きなさるんで?」
 レッサ爺さんのニッコが答えるよりも早く、ウルグアイ人がしゃしゃり出て、カステリアノ丸出しで口を挟んだ。
「ああ!カングスーから来なすったか……そんなら……チーズを奢ってもらわんとな……!」
 いわれた男は微かに笑いながら、落ち着き払って答えた。
「ああ、お前さん……チーズは近頃なかなか手に入らないだがねぇ……」
「もちろん俺たちにはな……だがカングスーの男なら、いま、ここでチーズを奢ってくれるだろう!……」
 雑貨屋の主人は嫌な空気を感じとり、うるさい奴をなんとか上手くはぐらかそうとした。レッサ爺さんは顎のチョビ髭をかき、頭のてっぺんをかき、周りのみんなをチラッと一瞥し、そして売り台の後ろの店員に穏やかな口調でいった。
「いいだろう……おい、あいつをくれ!」と、すぐ後ろの棚にある、直径三三センチほどの丸いチーズを指差した。
 長髪男は干草袋の上にどっかり座ると、歯をすすりながら皆をけしかけるようにいった。
「オーイ、みんな!……踊ろうじゃないか!チーズだ、チーズだ!」
(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?2020年9月18日 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?  今月から市中に出回り始めた200レアル札。注目の裏面図柄には「タテガミオオカミ」(lobo-guará)が採用されている。「絶滅危惧種」ではないが、南米のみに生息する貴重な野生動物。ブラジル中部および東部を中心に、アルゼンチン北部、パラグアイ、ボリビア東部にも。ただし […]
  • 特別寄稿=デイゴの花=サンパウロ州アチバイア在住 中沢宏一2020年8月21日 特別寄稿=デイゴの花=サンパウロ州アチバイア在住 中沢宏一  沖縄県の唄『島唄』は、「デイゴの花が咲き 、風を呼び、嵐がきた」で始まります。宮沢 和史 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第23話2020年8月1日 中島宏著『クリスト・レイ』第23話 「だからね、言ってみればここに移民としてやって来た人たちは、みんな同じ宗教を持っているし、みんな親戚というか、家族みたいなものなの。たまたま、その家族全部が、キリスト教のカトリック信者だったということね。そういうことで、ここに住んでいる人たちは、日本にいるときからのキリスト教信 […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]
  • 《ブラジル》バッタ大群が国境再接近=農薬散布用に400機待機2020年7月23日 《ブラジル》バッタ大群が国境再接近=農薬散布用に400機待機  バッタが再び、アルゼンチン側から国境に再接近していると21日付のエポカ誌が報じている。以前接近が報告された6月24日のウルグアイ領130キロ地点よりも近い、120キロ地点で観測された。  バッタはパラグアイで発生し5月中旬にはアルゼンチンへ到着、農作物への多大な被害 […]