ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | タンクレード逝去から30年=民政復帰初の大統領のはずが=孫のアエシオが意味深回顧=現政権を改めて強烈批判
在りし日のタンクレード氏(Arquivo Senado Federal)
在りし日のタンクレード氏(Arquivo Senado Federal)

タンクレード逝去から30年=民政復帰初の大統領のはずが=孫のアエシオが意味深回顧=現政権を改めて強烈批判

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 13日に飛行機事故で他界したカンポス氏(PSB)2014年8月14日 カンポス氏だけではない=飛行機事故で他界した政治家  13日午前中に起きた10月の大統領選挙の目玉候補だったエドゥアルド・カンポス氏の飛行機墜落死は、国の内外に衝撃を与えた。ブラジル国内の有力紙のサイトはどこも紙面を大きく割いて報道を行なった。また、国外でもアルゼンチン、メキシコ、スペイン、イタリア、フランスなどの有力紙のサ […]
  • ボウソナロ=仰天政策が次々に続出=人気極右大統領候補がアメリカ・キャンペーンで残した疑問2017年10月14日 ボウソナロ=仰天政策が次々に続出=人気極右大統領候補がアメリカ・キャンペーンで残した疑問  18年の大統領選の世論調査で支持率2位につけているジャイール・ボウソナロ下院議員が、大統領選を1年後に控え、アメリカでキャンペーンを行ったが、そこで次々と仰天発言を行い、疑問点や矛盾点も垣間見せている。 […]
  • 「大臣の半分を軍人に」=軍政礼賛の大統領候補ボウソナロ氏2017年3月14日 「大臣の半分を軍人に」=軍政礼賛の大統領候補ボウソナロ氏  1960年代から80年代にかけて21年間も軍事政権下にあったこと、2003年から13年間、左翼の労働者党(PT)政権にあったことから、ブラジルでは長いこと、右翼傾向が見られない国だと思われていた。  だが、2014年に発覚しはじめたラヴァ・ジャット作戦を筆頭とした一大政 […]
  • テメル=就任2カ月で16の暫定令=コーロル以来の多さ=経済復興の施策を次々と=財政支出の上限設定案など2016年7月22日 テメル=就任2カ月で16の暫定令=コーロル以来の多さ=経済復興の施策を次々と=財政支出の上限設定案など  ミシェル・テメル大統領代行(民主運動党・PMDB)が就任2カ月で暫定令(MP)を16件提出しているが、これはフェルナンド・コーロル大統領が就任初年の1990年の最初の2カ月以来の多さとなる。21日付伯字紙が報じている。 このMPの多さは、歴代大統領の就任2カ月間の数字の中でも […]
  • マリーナが注目のテレビ出演=ジウマ政権分裂の最中に2016年3月30日 マリーナが注目のテレビ出演=ジウマ政権分裂の最中に  29日、ブラジルは、労働者党(PT)政権で最大のパートナーだった民主運動党(PMDB)の政権離脱でジウマ大統領罷免の動きが一気に高まったことに関する報道一色となったが、その29日未明、ジウマ氏と2010年、14年の大統領選を争ったマリーナ・シウヴァ氏が注目のテレビ出演を果たし […]