ホーム | 日系社会ニュース | 春の叙勲=全伯各地から五氏が受章=トメアスー 新井氏や首都の林繁氏ら
(左上から時計回りに)新井、林、吉岡、カワダ各氏
(左上から時計回りに)新井、林、吉岡、カワダ各氏

春の叙勲=全伯各地から五氏が受章=トメアスー 新井氏や首都の林繁氏ら

 日本政府は28日、『平成27年度春の叙勲』受章者を発表した。ブラジルからは新井範明(邦人叙勲)、林繁、吉岡黎明、テツオ・カワダ、オデシル・コスタ・オリヴェイラ(外国人叙勲)五氏が選出された。以下、受章者の功績を挙げる(敬称略)。
◎新井範明(78、北海道、パラー州トメアスー在住)=旭日双光章=在留邦人への福祉功労に寄与。トメアスー文化農業振興協会(ACTA)元会長。
◎林繁(70、ブラジリア在住)=旭日双光章=日伯間の友好親善及び相互理解の促進に寄与。ブラジリア日伯文化協会、ブラジル中西部日伯協会連合会の元会長。
◎吉岡黎明(78、サンパウロ市在住)=旭日双光章=ブラジルにおける日本人・日系人への社会福祉の向上及び教育、労働問題の解決に寄与。06~13年、社会福祉法人救済会会長。現在は教育文化連帯学会会長を務める。
◎テツオ・カワダ(78、アクレ州リオ・ブランコ在住)=旭日双光章=64年から50年間にわたりアクレ州で、キナリー日本人移住者及び現地ブラジル人に対し、最善医療を提供し続け医療事情の改善に貢献。アクレ州日系協会の創設に深く関与し、会長として融和、日本文化普及に大きく貢献した。
◎オデシル・コスタ・オリヴェイラ(70、バイア州サルバドール在住)=旭日中綬章=ブラジルにおける日本文化の紹介、邦人援護及び友好親善に寄与。元バイア伯日文化協会会長で、現在、在サルバドール日本国名誉総領事。

image_print

こちらの記事もどうぞ