ホーム | 文芸 | 連載小説 | パナマを越えて=本間剛夫 | パナマを越えて=本間剛夫=74

パナマを越えて=本間剛夫=74

「私も父からです。そのあとはメキシコ・シチィの日墨協会の日本語コースです」
 アンナが続けた。
 それから相互に構えた障壁が取り除かれたように見えた。
「お父さんが日本人だったのですね」
「そうです。母はメキシコ人でした。この戦争には自発的に参加しました。父の国と戦うことで私たちの生国に忠誠を示すためでした。それはアメリカでもブラジルでも二世に共通した運命でした。宿命といってもいいでしょう。なぜでしょうか……」
 詰問の口調だ。副官が唇を噛んで口を鳴らした。お前らは日本人子ではないと一喝したいのだろう。エリカはそれに気付かないふうで続けた。
「私たち二世は生国で正当な国民としての待遇が受けられなかったために、父母の国と戦うことによって生国への忠誠を示す必要がありました」
 エリカの口調が早くなった。落ち着くように、冷静にと努めながら感情の高まりを抑えきれない様子が見えた。
 数秒が流れた。
「……それから、私と妹は、アメリカの情報要員でした。日本人から得た情報をアメリカへ通報していました。後ろ立っている兵長がなぜ、海戦前にブラジルを去って日本へ帰ったのか。私はその理由を知っていました。私もその工作の一員でしたから……。彼は貴重な……軍需品を生命に賭けて、日本へ届けたのです……」
 今度は副官たちの眼がいっせいに私の眼を射た。
〈エリカが知っていたとは……? あの生命をかけたダイアの帯を! 愛を語り将来を誓い合った相手の男を突き離して、完全に諜報の任務を果たしたというのか……。何という冷酷な女……〉
 しかし、エリカは私のそんな感情を無視している。「海戦になると、私たちは海軍宜撫班に編入されました。グループにはメキシコやブラジルの二世もいました。アメリカの二世は勿論です。彼らも私たちと同じ考えでした。これは日本にいる日本人には理解できないことだったでしょう。一世と二世では国家観に開きがあります。ですから、アメリカが対日開戦の準備を始めたとき、在留日本人から日本に対して対米開戦反対の声が上がらなかったのに歯痒い思いをした人々は全く少数でした。……それは、もしかしたら日本が勝つかも知れないと一縷の望みをかけた人の方が絶対多数だったからでした。そんな在外日本人の置かれていた環境をあなたたちに理解できるでしょうか。……日系兵は殆どヨーロッパとアフリカ戦線に参加しました。私たちは日本軍と接触できる海洋州を志願したのです。私たちの任務は日本語の伝単を作って日本兵のいる島々に撒布することでした……。二年半撒き続けたのです……。早く降服すべきだと勧告しました」
 ああ、あの夥しい日本文の伝単はエリカが書いたものだったのか……。私はエリカがサンパウロのサンジョアキン街の日本語学校に通っていたことを知っていたが、それはミナミ支店長の日本人顧客獲得の方針に沿うためと、私との結婚に備えるためのいじらしい努力と見て協力していたのだ。
 それが、彼女のスパイという任務のためだったとは……。私は不甲斐なさと不明だった恥辱に立ち竦む重いでエリカの背を見詰めていた。
 数秒が流れた。エリカは今度は自ら励ますように、三人の将校を見据えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パナマを越えて=本間剛夫=107 (終)2015年6月30日 パナマを越えて=本間剛夫=107 (終)      ※『追記』※帰国して半年余りが過ぎた時、思いがけなくエスタニスラウから部厚い便りを受けとった。それには私のボリビア出国以後のゲバラに関する詳細が述べられていた。その大要を箇条書きで記すことにしよう。※ボリビアは一九六七年一月二十六日死刑を廃止しているが、ゲバラ殺害 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1052015年6月26日 パナマを越えて=本間剛夫=105 「読むわよ。わたしラパスの小学校出たんですもの」女は白い歯を見せて微笑んだ。 それから小一時間も話が弾んだ。ゲリラと軍の活動状況が聞き出せると考えたゲバラ一行はパンを頬ばり、カフェを呑みながらサンタクルース周辺の治安について突っ込んだ質問をつづけた。そのあとで女がいった。「 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1062015年6月27日 パナマを越えて=本間剛夫=106  彼らはボリビアで選ばれた青年六百五十人のレインジャーの緊急訓練を始めていた。この青年たちは十九週間訓練され、小銃や迫撃砲の撃ち方、装備のカモフラージュ、目標の位置の確認法、夜間移動者の足音、その他の聞きわけ、敵の待ち伏せ、自身の待ち伏せなどの要領などを教わる。 ゲバラはこ […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1032015年6月24日 パナマを越えて=本間剛夫=103  この移住地は戦後、日本政府の事業として成功した約百家族の日本人の集団地だった。そこまで行けばブラジル国内の山地も平野も道路が整備されていて二、三日でラパスに着ける。ロベルトは軍人としてゲバラ以上に大陸の地理には明るかった。「俺はアルトパラナからコチャバンバのペルー組と連絡 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1042015年6月25日 パナマを越えて=本間剛夫=104  すかさずゲバラは隙間から続けざまに拳銃を発射した。手ごたえがあって一人が「おおっ!」と叫んで前こごみに倒れ、一人はびっこをひきながら走り、乗ってきたジープに跳び乗って走り去った。ジープにもう一人の影があった。 倒れた男の胸を黒い血が染めていた。 ゲバラの数発の弾は肺と胸を […]