ホーム | 文芸 | 連載小説 | パナマを越えて=本間剛夫 | パナマを越えて=本間剛夫=74

パナマを越えて=本間剛夫=74

「私も父からです。そのあとはメキシコ・シチィの日墨協会の日本語コースです」
 アンナが続けた。
 それから相互に構えた障壁が取り除かれたように見えた。
「お父さんが日本人だったのですね」
「そうです。母はメキシコ人でした。この戦争には自発的に参加しました。父の国と戦うことで私たちの生国に忠誠を示すためでした。それはアメリカでもブラジルでも二世に共通した運命でした。宿命といってもいいでしょう。なぜでしょうか……」
 詰問の口調だ。副官が唇を噛んで口を鳴らした。お前らは日本人子ではないと一喝したいのだろう。エリカはそれに気付かないふうで続けた。
「私たち二世は生国で正当な国民としての待遇が受けられなかったために、父母の国と戦うことによって生国への忠誠を示す必要がありました」
 エリカの口調が早くなった。落ち着くように、冷静にと努めながら感情の高まりを抑えきれない様子が見えた。
 数秒が流れた。
「……それから、私と妹は、アメリカの情報要員でした。日本人から得た情報をアメリカへ通報していました。後ろ立っている兵長がなぜ、海戦前にブラジルを去って日本へ帰ったのか。私はその理由を知っていました。私もその工作の一員でしたから……。彼は貴重な……軍需品を生命に賭けて、日本へ届けたのです……」
 今度は副官たちの眼がいっせいに私の眼を射た。
〈エリカが知っていたとは……? あの生命をかけたダイアの帯を! 愛を語り将来を誓い合った相手の男を突き離して、完全に諜報の任務を果たしたというのか……。何という冷酷な女……〉
 しかし、エリカは私のそんな感情を無視している。「海戦になると、私たちは海軍宜撫班に編入されました。グループにはメキシコやブラジルの二世もいました。アメリカの二世は勿論です。彼らも私たちと同じ考えでした。これは日本にいる日本人には理解できないことだったでしょう。一世と二世では国家観に開きがあります。ですから、アメリカが対日開戦の準備を始めたとき、在留日本人から日本に対して対米開戦反対の声が上がらなかったのに歯痒い思いをした人々は全く少数でした。……それは、もしかしたら日本が勝つかも知れないと一縷の望みをかけた人の方が絶対多数だったからでした。そんな在外日本人の置かれていた環境をあなたたちに理解できるでしょうか。……日系兵は殆どヨーロッパとアフリカ戦線に参加しました。私たちは日本軍と接触できる海洋州を志願したのです。私たちの任務は日本語の伝単を作って日本兵のいる島々に撒布することでした……。二年半撒き続けたのです……。早く降服すべきだと勧告しました」
 ああ、あの夥しい日本文の伝単はエリカが書いたものだったのか……。私はエリカがサンパウロのサンジョアキン街の日本語学校に通っていたことを知っていたが、それはミナミ支店長の日本人顧客獲得の方針に沿うためと、私との結婚に備えるためのいじらしい努力と見て協力していたのだ。
 それが、彼女のスパイという任務のためだったとは……。私は不甲斐なさと不明だった恥辱に立ち竦む重いでエリカの背を見詰めていた。
 数秒が流れた。エリカは今度は自ら励ますように、三人の将校を見据えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ証券市場=連日高値で11万P超える=外国直接投資も持ち返す?2020年11月26日 サンパウロ証券市場=連日高値で11万P超える=外国直接投資も持ち返す?  新型コロナウイルスに対する予防接種ワクチンの有効性に関する報告が続き、ワクチンの実用化への期待が高まった事や米国大統領選の票の数え直しでバイデン氏の勝利がより確実になって来た事などで、サンパウロ証券市場(B3)の指数が連日上昇し、11万ポイントを超えた。  24日の […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=感染拡大が5月水準に逆戻り=「第2波始まった」専門家見解も=予防接種関連審理も始まる2020年11月26日 《ブラジル》コロナ禍=感染拡大が5月水準に逆戻り=「第2波始まった」専門家見解も=予防接種関連審理も始まる  新型コロナウイルスの感染拡大傾向が強まり、英国のインペリアル・カレッジが算出する「実効再生産数(Rt)」が1・30に戻ったと24、25日付現地紙、サイトが報じた。  感染症流行下(感染拡大抑制努力を実施中または抗体を持つ人が既にいる状態)で1人の患者が直接感染させ得 […]
  • 《サンパウロ州》高速道で41人死亡の大惨事=バスとトラックが衝突2020年11月26日 《サンパウロ州》高速道で41人死亡の大惨事=バスとトラックが衝突  サンパウロ州内陸部の高速道でトラックとバスが衝突事故を起こし、41人が死亡した。州内高速道の事故としては今年最多の死者を出す大惨事となった。25日付伯字紙が報じている。  事故が発生したのは25日午前6時50分頃、タグアイーとタクアリトゥーバの間にあるアヴァレー付近 […]
  • 東西南北2020年11月26日 東西南北  コロナウイルスの感染が再び拡大し、恐れられている今日この頃。25日付アゴラ紙によると、そうした状況にも関わらず、サンパウロ市内では夜間、バーやレストランでマスクもしないで人が密集している状況が見られるという。この現象は、10月10日に市がバーの営業を午後11時まで認めた頃から […]
  • 援協=与儀会長4年務め年内勇退=税田清七氏にバトン託す=医療機関で3位の高評価も2020年11月26日 援協=与儀会長4年務め年内勇退=税田清七氏にバトン託す=医療機関で3位の高評価も  10月24日にサンパウロ市のサンパウロ日伯援護協会本部ビル5階で評議会が行われ、2021年から22年度の理事会役員の単一シャッパが承認され、税田(さいた)パウロ清七(せいしち)氏が会長に就任することになった。税田新会長は援協理事会に23年間も所属し、うち6年間は副会長 […]