ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 メモリアル・ダ・アメリカラチーナが8日から6月6日まで、写真展「第2次世界大戦後の70年」を、敷地内のヴィクトル・シヴィタ図書館(Avenida Auro Soares de Moura Andrade, 664 バラ・フンダ駅出てすぐ)で実施する。4月30日はヒトラー総統が自殺した日で、5月8日はドイツの降伏文書調印の日だ。写真展では史上最大の市街戦といわれ、独ソ戦の趨勢を決したスターリングラード攻防戦に焦点を当てる。入場無料。開館時間は月~金の午前9時~午後6時、土曜は午後3時まで。日本の終戦月を先取りし、戦争を振り返る機会にしては。
     ◎
 本紙編集部の改装費に充てるため、古本販売を始めて1カ月以上が過ぎた。おかげで随分快適に過ごせる環境が整ってきた。最近は古本の買取りも始めたが、本を持ってくる読者の大半は「いつも人にあげるかリサイクルに出してしまうので、お金はいりません」と寄付してくれる。また、「改装費に」と金一封を包んでくれる人までいた。そんな読者の心遣いに編集部一同、大変感謝している。思いがけなくも古本事業を通し、移民が受け継いできた「助け合いの精神」をしみじみ実感。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年3月9日 大耳小耳  聖北地域の日系団体が主催する「日系祭り」が12、13日午前10時から聖市のラテン・アメリカ記念館(Av. Auro Soares de Moura Andrade, […]
  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年8月1日 大耳小耳  在聖総領事館の安全情報によれば、7月28日正午ごろ聖市セー駅構内で邦人がバッグを盗難される被害が発生した。被害者は犯人と思われる男に「バッグが汚れている」と声をかけられ、確認したところ液体が付着していた。男と汚れを落としていると、「上着も汚れている」といわれ、バッグを床に置い […]
  • 大耳小耳2018年6月15日 大耳小耳  日本人のジャーナリスト、Willie Whopperさん(ペンネーム)による「日本におけるブラジル音楽の歴史、1938年から2018年」と題された講演が、19日午後7時半から「SECS Centro de Pesquisa e Formação」(Rua Dr. […]
  • 大耳小耳2017年12月15日 大耳小耳  国際交流基金が、2018年カレンダー作成にあたり応募していた絵画コンテストの結果が、このほど発表された。ブラジルの小中高等学校で、日本語を学ぶ生徒を対象に、17年前から行ってきた同コンクール。18年カレンダーは「ブラジル日本移民110周年 共に!」をテーマに行われ、全伯43校 […]