ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 大阪ジュニアバンドがなぜ剣玉を披露したのか。その場での説明がなかったので後で調べると、同市此花区では、その形が剣玉に似ていることから剣玉の普及に力を入れているとか。昨年は242人が一斉に「とめけん」(剣の部分に玉を刺す技)を成功させ、ギネス記録の更新まで。同式典でも同バンドが実演して見せ喝采を浴びた。志村ネオくん(10、二世)は「凄かった。大阪に行きたくなった」と気に入った様子。理屈なしに言葉を超えて理解できる〃遊び〃として、子ども同士の文化交流にはもってこいか。
     ◎
 中尾契信さんは安倍首相のサインを得たが、本来は来賓・関係者以外から首相へ、要望書提出やサインなどの直談判は厳禁なので、ある意味〃奇跡的〃に日本から返送されたともいえそう。中尾さんの思い入れや、同郷の移民ゆえの願いが通じたか。実は在聖総領事館や、首相周辺関係者は対応に困ったのではないか。わざわざ日本まで首相専用機(多分)で持って行って、外遊帰りの超多忙な首相の時間を見て署名をし、短期間の間にブラジルまで送り返す…。今回は特例なので、あまり真似をしない方が良いかも。
     ◎
 有機食品を求める消費者に朗報。今月31日から毎日曜日、サンパウロ市のヴィラ・ロボスショッピング駐車場内(Av. das Nacoes Unidas, 4777, Alto de Pinheiros)で有機フェイラが開かれる。午前7時~午後1時。20以上の生産者が野菜、果物、加工品、パンなどを販売するほか、オーガニックの朝食も採れる。近々ピニェイロス区ラルゴ・ダ・バタタにも新設される予定。付近に在住の方は足を運んでみては。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2014年12月3日 大耳小耳  ブラジル将棋連盟は11月29日、斉藤広氏慰労会の席上で、来年7月に日本から2人のプロ棋士が来伯する事を明かした。誰が派遣されるかは未定だが、川合昭会長によれば、同連盟会館での指導対局のほかに、県連日本祭りで大盤解説(大きな将棋盤を使って対局の解説をすること)などを行っても […]
  • 大耳小耳2011年10月14日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2011年10月14日付け […]
  • 大耳小耳2019年1月15日 大耳小耳  「リオ祭り」が今月25~27日に、バッラ・ダ・チジュッカ区にあるリオセントロ・コンベンション・イベントセンターの第四パビリオン(Av. Salvador Allende, 6555 – Barra da Tijuca, Rio de Janeiro, […]
  • 大耳小耳2017年10月18日 大耳小耳  ブラジル日本文化福祉協会女性コーラス部が、28日午後4時半から、バウルー市パロッキア・コラソン・デ・ジェズス(Rua Dr. Romildo Brunharl, […]