ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年2月7日

 ブラジル野球連盟の佐藤天一郎副会長によれば、日系人選手はもちろん、非日系選手の多くも野球キャリアのスタートは日系のクラブなのだとか。徐々にブラジル人によるクラブの数は増え始めているというが、現在のブラジル野球を支えているのは日系クラブであることは間違いない。現在の国内野球人口は3万人を数え、WBCで活躍すればその数の増大も期待される。育成の受け皿としての機能をさらに発揮してくれることを期待。
     ◎
 在聖総領事館からメールで配信される治安・犯罪情報によると、麻、南麻、聖の各州でデング熱の発生が異常に増加しているのだとか。昨年同月比で、麻州120%、南麻州1940%、サンパウロ州バウルー5640%、ソロカバ2200%各増と、通常考えられない発生数となっている。予防薬、予防接種ともにない病気だけに対策は万全に。
     ◎
 国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)が、本年度の「報道の自由度ランキング」を発表した。世界179の国・地域が対象。アジア諸国の中では優秀な日本は、昨年から30位落として53位に。ジャーナリストの殺人件数が多いブラジルは9位落として108位。上位にはフィンランド、オランダ、ノルウェーなど欧州の先進諸国が名前を連ねた。また、比較的治安がよく落ち着いた国というウルグアイが南米トップで27位。

image_print

こちらの記事もどうぞ