ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■元島根県人会長 安達敬之助さん

■訃報■元島根県人会長 安達敬之助さん

 元島根県人会長の安達敬之助さんが7日、急性心不全のためになくなった。享年79。初七日は13日午後2時より浄土真宗本派本願寺(西本願寺、住所=Rua Changua, 108, Chacara Inglesa)で行なわれる。
 安達さんは1936年4月6日に島根県八束郡鹿島町(現・松江氏)に生まれた。1958年に柔道の師範として来伯し、全伯講道館有段者会の会計を長く務めた。
 島根県会長を2001年から3期務めた。それ以前も副会長として20年以上に渡り、県人会を支え、現在も顧問を務めていた。
 その他、ブラジル拓殖大学学友会会長や、文協評議委員を現在まで務めており、各方面で活躍していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 三重県人会、三つの節目祝う=創立75周年、移住105周年など=母県から海外功労者、感謝状も2018年10月30日 三重県人会、三つの節目祝う=創立75周年、移住105周年など=母県から海外功労者、感謝状も  三重県人会(下川孝会長)が27日、県人移住105周年、県人文化援護協会創立75周年、三重県・サンパウロ州姉妹都市提携45周年の節目を迎え、記念式典を開催した。式典には約170人の県人会関係者らが集まり、3つの節目を祝った。また母県から海外功労者賞に3人が選ばれ、海外在 […]
  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]
  • 野球少年11人が日本遠征=JICAボラ大見さんが実現2018年8月8日 野球少年11人が日本遠征=JICAボラ大見さんが実現  サンパウロ州グァララペス市の少年野球チームの選手11人とその父兄4人が7月28日から今月6日にかけて日本に滞在し、日本のチームとの試合やプロ野球の観戦などを行った。JICA青年ボランティアで同チームで野球を指導する大見翔さん(25)が、クラウドファンディングで100万 […]
  • 中古の運動用具をブラジル人児童へ=福田さん、一念発起で寄付活動2017年3月10日 中古の運動用具をブラジル人児童へ=福田さん、一念発起で寄付活動  「貧しい子どもにスポーツを思いきり楽しんでもらいたい」。そんな熱意を胸に、『日伯スポーツ振興プロジェクト』を立ち上げた福田雄基さん(25、千葉)が1日に来伯し、日本で集めた中古の運動用具を直接ブラジル人児童らに手渡した。  昨年のリオ五輪で初来伯したことが、この活動のき […]
  • 特別企画でポルトガルへ=県連故郷巡りあと40席2017年6月7日 特別企画でポルトガルへ=県連故郷巡りあと40席  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が主催する「移民のふるさと巡り」の次回9月は特別企画としてヨーロッパへと行き先を延ばし、ブラジルと日本と関わりの深い国ポルトガルで交流旅行をする。  このふるさと巡りは1988年、日本移民80周年を記念して開始され、毎年 […]