ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 栄養価が高く様々な効能があることから〃奇跡の木〃と呼ばれるモリンガの乾燥葉を、編集部でも扱うことになった(効能の詳細は1日付け本紙を参照)。価格は1パック70グラムで25レアル。毎日7グラムを1リットルの水で煮出して飲めば、10日間ほどもつ。今回入荷できたのは6パックだけだが、予約も受け付けている。購入希望者は編集部(11・3340・6060/児島、中堀、アベ)まで連絡を。
     ◎
 「インディオツアー」で出会ったクイクロ族の男女4、5人に「日本について何か知っているか」と質問したら、「自分達にはそういった情報は入ってこない。残念だが何も知らない」とのこと。「それもそうか」と納得していたら、彼らが韓国製のスマートフォンを使っているのを目撃。「日本は知らなくても、韓国のことは知っているのかも」と思ったのと同時に、テレビや携帯、スマートフォンという物質文明とは無縁で生きることは、保護区の中のインディオですら難しいのだと実感した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年10月15日 大耳小耳  ブラジル生活必携の書『楽々サンパウロ』の最新刊(19―20年版、コジロー出版、228ページ、110レアル)が発売された。サンパウロ市のフェイラ、レストラン、観光情報から、医療や住居など生活インフラに関するものまでに役立つ情報が満載。サンパウロ市の日系書店などで販売中。郵送での […]
  • 大耳小耳2019年7月24日 大耳小耳  23日付け本紙1面には日本政府が、G20で開催された「日・ブラジル首脳会談」の内容を報告する広告を掲載している。日本政府が邦字紙を通して、直接に在外邦人に知らせる画期的な取り組みであり、今後も両国の節目節目に期待されるところ。日本政府のこのような取り組みに関してご意見がある読 […]
  • 大耳小耳2019年4月12日 大耳小耳  BS朝日「皇室スペシャル」番組が、67年にサンパウロ市内のサンタ・カーザ病院を皇后陛下(当時、皇太子妃殿下)がご訪問された際に、出会われた芹口マリリ百合子さんを探している。芹口さんは当時10歳で小児麻痺を患っていたが、十数回の手術を受けて歩行を回復し、美容師として働けるまでに […]
  • 大耳小耳2019年2月2日 大耳小耳  公益社団法人「日本財団」は、世界各地域での若手日系人(18~35歳)を対象に、意識調査を実施している。同法人によれば、世界規模で日系人に関する意識調査が行われるのは初めて。日系人を「移住した日本人の子孫」と定義し、国策移住者の子弟のみならず、海外赴任や国際結婚により移住した日 […]