ホーム | 文芸 | 連載小説 | パナマを越えて=本間剛夫 | パナマを越えて=本間剛夫=84

パナマを越えて=本間剛夫=84

「生活費は必ず送金する。決して心配しないでくれ。子供たちも成長すれば、それぞれの方向に進むだろう。それまでは親の勤めだから、きっと送金する。おれ一人で行かせてくれ」
 私は家内の納得につとめる傍ら秘かに旅券の手続きを終えて、伊原氏と会合を重ねていた。伊原氏はゲバラの活動の成否はともかく、私がブラジル行きを希望しているのを知って、リオでもサンパウロでも生活に心配することはない、わしが考えてやる、といってくれていた。
 そんなとき、突然エスタニスラウから電話が入った。
「例の人、今はブラジル人アントニオと明晩おそく羽田に着く。ホテルから電話する」というのだ。
 私はこの前のように失礼な東洋人も同伴するだろうかといささか不快になったが、その感情は明後日端麗な教え子と会えるという楽しさで打ち消された。
 予定どおり三日めの日曜朝、例のホテルで会いたいと電話があり、私はホテルに急いだ。
 ゲバラの用務は兵器の受領だった。発送は会社に任せるが、その前に兵器の精密な検査が必要なのだ、とエスタニスラウは説明した。この前と同じようにゲバラはすっかり髭を剃った美男子だった。今度は東洋人の伴はいない。
 工場に着くと、すぐに扉は内側から開いた。私たち三人は技術者らしい三名の男たちに迎えられて応接室に入ったが、彼らのうち一人はスペイン語を解した。
 工場は広く、うす暗く全く人影がない。工場側はこの日のためにわざわざ日曜を選んだのだ。私は機械のことは皆目わからないので彼らのあとについて通訳の役目をした。検査は殆ど二時間ほどで終わった。その発送については既に発注の折に済んでいるのだろう。私たち三人は会社の設けた料亭で食事をとって東京へ引き返し、ホテルでひと休みしてから銀座に出た。日曜というのに街を若者たちで溢れていた。
「これはひどい。サンパウロやリオの比じゃないな、ホンマ」
 アントニオは初めて私の名をいった。
「じゃ、宮城へいってみようか、近いから車の必要はないんだ、アントニオさん」
「それがいい。日本へ来て宮城を見なくちゃ……。日本はすばらしい。みんなの表情が生き生きしている。みんな希望を持って、国の発展に向かって努力しているのがわかる」
 彼は彼の故国アルゼンチンはともかく、いつやむか知れぬ大国ブラジルやペルーのインフレに思いを馳せているのだろう。
 日比谷公園を左に見て小砂利を敷きつめた広場に入ったとき、私たちの前に地方から来たらしい中学生の修学旅行の百人ほどの一団の列に出会った。そのあとに私たちはついて歩いた。
 二重橋のたもとまで進んだ生徒たちは二列横隊に並んで教師の号令もないのに揃って最敬礼をした。アントニオは無表情でその光景を見詰めていた。何を思ったのか。その表情の内面で何か深い思いが彼の脳裡を走っていたに違いない。革命家ゲバラは今からボリビアのジャングルに生命をかけようとしている。
 銀座の商店街の賑わい、中学生たちの厳粛な面もちと何の希望も持ち得ぬ暗黒の世界ジャングルに生きるインジオたち、同じ人間であるべき生命の何という不条理な隔絶! 私は革命家の脳裡をそんな苦い思いが重くのしかかっているのではと憶測した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パナマを越えて=本間剛夫=862015年5月26日 パナマを越えて=本間剛夫=86  農業担当官はブラジルに駐在したことがあり、私が戦後二度目の旅行の際、サンパウロで日本人移住者の候補地選定に動向した間柄だったことを知って親しみが湧いた。彼はボリビアの底地ジャングルに新設されたサンファン移住地の農業指導者として駐在しているのだといった。 食卓を囲みながら、 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=832015年5月20日 パナマを越えて=本間剛夫=83  私はためらいながら、「そのことなら、ゲバラと会っています」とエスタニスラウ杜の会談のもようを話すと、大使は「そうだったのか」と大きく頷いた。 私には三人の子がいた。一人は中学、二人はまだ小学生だった。すぐにも快諾の返事をしたかったが咄嗟のことで即断できなかった。心は焦った […]
  • 東西南北2016年11月2日 東西南北  今年の全国統一地方選挙で労働者党(PT)が記録的な惨敗を喫したことは今日も様々なメディアで取り上げられているが、10月30日に行われた決選投票時、ルーラ元大統領、ジウマ前大統領の2人は共に、居住地のある地域ではPTの候補が出ていなかったことを理由に投票に行かなかった。ルーラ氏 […]
  • 巴国の今後の課題を探る=知名度を高める努力が必要=小粒な反逆児の潜在力=パラグァイ在住 坂本邦雄2016年7月23日 巴国の今後の課題を探る=知名度を高める努力が必要=小粒な反逆児の潜在力=パラグァイ在住 坂本邦雄  仏ソルボンヌ大学のラテンアメリカ高等研究所の所長で、ヨーロッパのラ米諸国に関心を抱く政財界やマスメディア界のトップ顧問の一人として知られる、ステファン・ウィトコフスキー専門家は、「パラグァイは国際社会でよりその存在感及び知名度を高めるべく努力すべきだ」と言う意見である。 これ […]
  • W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭2015年11月19日 W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭  サッカーのワールドカップ南米予選は18日に第4節を終えたが、ブラジル・セレソンは現時点で勝ち点7、得失点差3で3位につけている。 第4節終了時点での順位は以下のとおりだ。1位エクアドル、2位ウルグアイ、3位ブラジル、4位パラグアイ、5位チリ、6位アルゼンチン、7位コロンビア、 […]