ホーム | コラム | 樹海 | 好きな日本食は…?

好きな日本食は…?

 一昨年、日本食が世界無形文化遺産に登録された。四季の移ろいを大事にし、自然に恵みを最大に活かしながら、地域ごとに多様な食文化。一汁三菜というバランスを持った健康食としても評価された―というのが理由。現在開催中のイタリア・ミラノの万博でも和食をアピール、各自治体もお国の幸の宣伝に余念がないとか▼そんなおり、某メーカーが日本に住む外国人に日本食に関するアンケートを行った。自分の国の人に薦めたい日本食を聞くと、なんと1位が「ラーメン」(77%)になったという。確かに前出の要素が盛り込まれているといえるし、各地の特産物を使ったラーメンもそれぞれにある。だが世界文化遺産として日本が売り出そうとしているものとは方向性が違うような気がする。それも含めて、「多様性」なのだろうが▼2位「すし・刺身」(73%)、3位「てんぷら」(67%)は、すでに世界的に知れ渡っている。これから味を覚えた外国人がラーメン文化を広げていくだろう。アメリカやヨーロッパ、アジアではすでに花開いており、ブラジルは、つぼみがチラホラといったか感じか。目を転じて、日本人が日本で伝えたいブラジル料理はなんなのだろうか。シュラスコはブームのようで東京などでは予約も取れない状態だという▼長くこちらにいる人は別の意見があるだろうが、数年の人に聞くと、コシンニャやムケッカの名前が挙がってくる。いわゆる有名どころのフェイジョアーダは好き嫌いが分かれるだろうが、確かに日本人の多くに受ける味と材料と言っていいだろう。とはいえ、日本で懐かしくはならない。歳のせいか、ブラジル料理を食べる回数が減っていくし、寒いこの時期、恋しいのはラーメン。季節と結びつくところはやはり和食なのだろう。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イタリア料理店の成功に倣って2015年8月20日 イタリア料理店の成功に倣って  日本とは地理的に離れていながら絶大な人気を誇る料理といえば、イタリア料理だろう。全国津々浦々に専門店が偏在し、しかも大半が日本人経営だ。飲食店総数41万超に比してその数は約9千と必ずしも多くはないが、家庭料理にまで浸透し、本国からも高い質的評価を受けているというから驚く▼一方 […]
  • ラーメン戦争、勃発か?!2015年9月26日 ラーメン戦争、勃発か?!  紙面とは別に本紙では、サイトやフェイスブック、ツイッターなどでもニュースをお伝えしている。ブラジル在住の方であれば、コロニア、翻訳面が気になるだろうし、日本の読者であれば、サッカーや経済に興味が傾く。今までにないアクセスを集めたのが19日付けの「日本では食べられない! すき家 […]
  • フード・トラックで郷土食を2015年8月13日 フード・トラックで郷土食を  5年前、道端の古びたフード・トラックでパステルとさとうきびジュースを買い、2回も腹を下した。フード・トラックとは後部座席を台所に作り変え、道端で食事を販売する移動型屋台のことだ。後からブラジル人の友人に「不衛生だから自分は買わない」と注意され、確かに日本育ちの […]
  • アナさん(HOOPP Studio)2015年6月25日 和食弁当ブームの兆し?  最近、日本文化の一つとして「弁当」を紹介するポ語サイトを度々見かけるようになった。今年は聖市で可愛いキャラクターをあしらった「キャラ弁」のワークショップまで開かれ、新たな和食文化として弁当が注目を浴びつつあるようだ。「寿司・刺身、焼きそば」という定番日本食が定着し、日本食 […]
  • 日本とペルー食は兄弟?2014年10月22日 日本とペルー食は兄弟?  先日、聖市で開かれた「エキスポ・セビーチェ」で、ペルー人と同日系人のコンビがセビーチェ寿司を初披露した。魚のマリネ「セビーチェ」をシャリに乗せ、同国産香辛料で作った特製ソースをかけたもの。当地で「融合料理」というと、どこか「邪道」的に思われがちだが、この料理の思いもよらな […]