ホーム | 文芸 | 俳句 | リベイロンピーレス=第23回全伯虚子忌俳句大会=総合点1位は中馬和子さん

リベイロンピーレス=第23回全伯虚子忌俳句大会=総合点1位は中馬和子さん

参加者全員での記念撮影

参加者全員での記念撮影

 第23回全伯虚子忌俳句大会が4月21日にリベイロンピーレス市で開催され、各地から俳句愛好家約60人集まった。兼題は虚子忌、運動会、栗、歓喜樹、秋の水。5人の選者が特選、次点の選考を行い、また参加者全員で句に投票する総合点の投票が行われた。総合点順位は以下の通り第1位中馬和子、第2位平間浩二、第3位岩崎ルリカ、矢沢あい、第5位西森ゆりえ。

 特選、次点受賞句は次の通り、小斉棹子選=特選「祖母の名はおこうととよ乃栗飯」(西川あけみ)、次点「題届き今年の虚子忌スタートす」。樋口玄海児選=特選「栗おこわ復活祭祝ぐ子供等に」(永田美智子)、次点「蓋とればにほひと飛びだす栗ごはん」(中馬淳一)。
 広瀬芳山選=特選「ジェズエッタ越えし山々アレルイヤ」(野村いさを)、次点「初虚子忌素直な句作心して」(岩崎ルリカ)。星野瞳選=特選「天に雲地にアマゾンの秋の水」(平間浩二)、次点「人の世の橋に見送る秋の水」(小斉棹子)。
 野村いさを選=特選「子に戻る母につきそひ栗ひろふ」(中馬和子)、次点「古書市の友と虚子句の約束を」(浜田一穴)。(敬称略、順不同)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第8回文協主催「全伯俳句大会」=特選、秀作を一気に発表=移民の日常詠う秀作ぞろい2017年8月25日 第8回文協主催「全伯俳句大会」=特選、秀作を一気に発表=移民の日常詠う秀作ぞろい  【兼題部門】冬季一切、五句投句、投句総数は620句、投句者数は124人。特選(◎)は12句、他は秀作108句。選者は12人(アイウエオ順)。    ▼青木駿浪選 ◎冬の月苦難分ちたる妻はなく    カンポ グランデ   […]
  • ニッケイ俳壇(880)=星野瞳 選2016年3月17日 ニッケイ俳壇(880)=星野瞳 選 サンパウロ  林 とみ代 不況の世のサンタクロースの吐息かな 汚職して国は破産に年果てる 大胆な愛のいれずみ夏の肌 マニフェスト盛となりし聖市かな […]
  • ニッケイ俳壇(881)=富重久子 選2016年3月24日 ニッケイ俳壇(881)=富重久子 選 セザリオ・ランジェ  井上人栄 極暑とはこんな事かやカアチンガ カアチンガ中に葡萄の畑あり
  • ニッケイ俳壇(876)=星野瞳 選2016年2月18日 ニッケイ俳壇(876)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎この移住地に果つる運命の暑に耐ふる日本の夜となるを待ち初電話掛乞や仏頂面は生まれつき恐竜より進化せしこの羽抜鶏【作者は百才を迎えた。この二十三日のニッケイ紙に、寿命百才時代の生き方てふ記事があったが、稚鴎さんは俳句をひたすら作る生き方 […]
  • ニッケイ俳壇(877)=富重久子 選2016年2月25日 ニッケイ俳壇(877)=富重久子 選 サンパウロ  大原サチ タツー潜む土盛り上げて黍畠 【「タツー」を一度見た事がある。お手伝いさんが、ノルテの実家に休暇で帰っていた時の土産に、このタツーを持ってきた。勿論死んでいたが硬い甲羅があって痛々しかった。食べられるとの事であったがとてもとても。  タツーの生態を見 […]