ホーム | コラム | 樹海 | 自由の匙加減

自由の匙加減

 12日、サンパウロ市南部の州立校で12歳の女子生徒が同校の男子生徒に輪姦されるという戦慄の事件が起きた。事件が起きたのは授業中で、しかも場所は校内のトイレだった。子を持つ親は恐れ慄いたに違いない▼こうした事件は日本の学校ではまず起こり得ない。だから学校の管理体制次第で避けられたはずだと思うと、余計に無念でならない。彼らのような生徒が日本にいないとは言わないが、仮にいたとしても、その企てを決行できない体制が敷かれている。そこに大きな違いがある▼日本では休み時間終了後、生徒が明確な理由なく教室に戻っていないのは非常事態である。授業に遅刻すれば、皆に謝って入室する羽目になる。戻って来なければ教師は生徒に自習させ、校内を探し回るだろう。それでも見つからなければ、手の空いた教師総動員での捜索が始まる。トイレは一番最初に探される場所だ。それが不意の事件を未然に防ぐ体制だろう▼青少年は概して不安定で危ういものだ。心と体の変化に伴う激情や恐れを抱えており、大人なら踏みとどまる所でも勢いで進んでしまう。周囲の大人が厳格なルールを敷き行動を制限し、壁として立ちはだかることは、彼らにとっては一種の守りになる。「こんちくしょう」と悪態をつかれても、それによって悪を犯さずにすむのである▼今後この学校がどのような改善策を示すのか知らないが、学校側の怠慢は責められてしかるべき。それによって、他の管理の甘い学校が身引き締めることになればと思う。当地では子どもの成熟が早く、与えられる自由度も高いけれど、そういう視点でもって自由の匙加減をしてもらいたい。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日系人口は190万人で統一を2016年4月23日 日系人口は190万人で統一を  ブラジルの日系人口は何人なのか――。本紙は通常「150万人」を使ってきた。だが、日本国外務省のブラジル基礎データ頁(22日参照)には「日系人総数推定・約190万人」に加えて「在日ブラジル人数・約17万4千人」とあり、合計すれば「約200万人」だ▼一方、海外日系人協会のサイトに […]
  • 2014年5月22日 当地のブラジャー事情  当地の女性用下着は大胆な色使いやレース使いが美しく、女心をくすぐられるが、機能性に欠けるのが玉に瑕だ。特にブラジャーは「使えたものではない」が正直な感想。当地の化粧品市場は一昨年に日本を抜いて世界第2位規模になり、2年後には米国を抜いて世界第一になる勢いだと報じられている […]
  • ブラジル・メディアが報じたがらない不都合なニュース2019年12月20日 ブラジル・メディアが報じたがらない不都合なニュース  今年最後の当コラムということで、コラム子が個人的に気になっているニュースについて語ることにしよう。  それは、パラナ州検察局のリーダー格の人物、ジャヌアリオ・パルード氏に収賄疑惑が2件、立て続けで報じられたことだ。パルード氏は同検察局のラヴァ・ジャット(LJ)作戦主 […]
  • ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?2019年11月12日 ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?  ブラジル最高裁が7日、「2審有罪で刑執行」派が5対6で「刑執行反対」派に負けた。これを受けてルーラ元大統領が釈放され、世間がざわついている。ムリもない。ところが、グローボTV局はあえて大騒ぎせず、「なにか裏にあるのでは?」とかえって不気味な雰囲気を醸し出している。 […]