ホーム | コラム | 樹海 | ならず者と言わないで

ならず者と言わないで

 「日本よ、僕らブラジル人はならず者ではない」。静岡県浜松在住のロドリゴ・ゴンサルヴェスさんは、母国の暴力的な面を強調する日本メディアへの抗議として、この一文を紙に書いて掲げた自分の写真を自らのフェイスブックに投稿した▼彼の主張は「ブラジルの良い面も同じくらい報道してほしい。日本人だって犯罪を犯すじゃないか」というものだ。W杯で当地に関する報道が増えたのはいいが、その大半が犯罪、デモのオンパレードだ▼難しいのはそれが実際に起きている点にある。社会問題への注意を喚起し、それによって事態の改善や意識の改革を促すのも「ニュース」の役割の一つ。W杯に関しても同様で、「事実だから仕方がない」部分もあるが、母国の報道とあっては、彼が抗議したくなるもの無理はない▼読者が体験していない現実を、取材者が「ニュース」として切り取って伝える。だからそれに関する判断も印象も報道内容に依存する。読んだ側はそれで何かを知った気になるが、現実を肌で知る者からすると天と地の開きがある場合もある▼あまりに報道の姿勢が「ブラジル=危険」図式に固定化されているとすれば画一的すぎるだろう。実際危険かと聞かれたら否定はできないが、ブラジルが嫌いかと聞かれたら憎めないと答える。それが住む人間の「皮膚感覚」だ▼偏見やイメージは一種の催眠のようなもので、人間は「あの人怖いよね」と言われ続けると、余計にそうした行動を取ってしまう。その意味で、報道は未来に影響を与える。画一的な報道で苦しむ在日ブラジル人がいることを、日本のメディア関係者は心にとめて置いてほしい。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 《ブラジル》サッカー代表の日当が男女同額に=世界の女子選手が大喜び2020年9月5日 《ブラジル》サッカー代表の日当が男女同額に=世界の女子選手が大喜び  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は2日、代表(セレソン)選手に対する日当とゲームでの賞金(褒賞)を男女同額にすると発表した。3日付現地紙が報じている。  CBFのロジェリオ・カボクロ会長が2日の会見で明らかにした。それによると、CBFではすでに3月から、代表選手に対する日当 […]
  • 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に2020年9月3日 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に  コリンチャンスのホームスタジアム、通称「イタケロン」が、2040年までの20年間「ネオ・キミカ・アレーナ」と呼ばれる事になった。サンパウロ市東部にあり、2014年W杯の開会式と開幕戦にも使われた。  コリンチャンスは1日に創立110周年を迎えたサッカーの名門チーム。 […]
  • 《サンパウロ市》セントロ再開発後の運営問題浮上=市は開札日に入札中止2020年8月27日 《サンパウロ市》セントロ再開発後の運営問題浮上=市は開札日に入札中止  サンパウロ市市役所は26日、セントロ地区にあるヴァレ・ド・アニャンガバウー再開発事業に関わる入札を中止すると発表した。  26日付現地紙サイトによると、入札中止の発表は、再開発後の運営を10年間担当する企業が発表されるはずの26日付官報に掲載された。  アニャンガ […]