ホーム | コラム | 樹海 | 任期一年目が終わる前から、もう選挙気分

任期一年目が終わる前から、もう選挙気分

ボウソナロ大統領とモロ法相(Antonio Cruz/Ag. Brasil)

 まだ大統領就任から1年がたっていない現在、ボウソナロ大統領はもう次回、2022年の選挙に向けて動いている。
 その動きの一つが新党「ブラジル同盟(APB)」の結党だ。自分自身がコントロールしやすい党で2期目を狙いたい。そんなところだろう。もともと、政党に腰が座らず、28年に及んだ下院議員人生でも8つの政党に所属した人物。大統領選の出馬を願うも、所属の党が公認してくれずに飛び出したことが2回。そして、自身を大統領選の候補として公認してくれたはずの社会民主党(PSL)でも、党をコントロールできずに党首ともめ、大統領就任1年と持たず離党。ようやく「自分の家」を持つことになる

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 22年大統領選のカギを握る男2020年2月7日 22年大統領選のカギを握る男  米国では今、大統領選の予備選が3日のアイオワ州を皮切りにはじまり、そろそろ本格的な盛り上がりを見せはじめている。とりわけ、野党・民主党にとっては誰がトランプ氏の対抗馬になるのかを決める意味で非常に重要な意味を持つ。  ブラジルでの大統領選は2022年。ボウソナロ政権 […]
  • 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者2020年5月15日 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者  反隔離を叫べど、加速化して増えるコロナウイルスの死者の前に支持が増えず、かつ、セルジオ・モロ前法相辞任の発端となった閣議ビデオ中の大統領発言が問題視されたことで、ボウソナロ大統領の立場はますます危うくなっている。  とりわけモロ氏の政権離脱はボウソナロ氏にとっては痛 […]
  • ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選2020年7月31日 ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選  先週、大手週刊誌「ヴェージャ」が、「今、大統領選が行われたらボウソナロ氏が当選する」という調査結果を発表して多少話題となった。それに対し、「コロナ対策であれだけ失政をしておきながら、なぜ」と憤る人も少なくなかった。だが、「”今の状況”ならそうだろう」とコラム子は思った […]
  • 《記者コラム》都知事選に思うこと/実はブラジルより進んでいる?日本の右傾化2020年7月10日 《記者コラム》都知事選に思うこと/実はブラジルより進んでいる?日本の右傾化  5日の東京都知事選の結果を見て、「もしかして日本はブラジルよりも右傾化しているのではないか」との思いを抱いた。  それは当選した現職の小池百合子知事に60%の支持があったから、というだけではない。3位に小野泰輔氏、5位に桜井誠氏が入っていたからだ。  小池氏も自民 […]
  • 世界中にさらされ続けるブラジルの政変2020年1月17日 世界中にさらされ続けるブラジルの政変  13日、世界の映画賞の最高峰、アカデミー賞のノミネート発表が行なわれたが、この日は同時に、ブラジル政界が世界の好奇の目にさらされ続けることになることを決定付けた日にもなった。それはドキュメンタリー部門で、ブラジルの作品「ブラジル 消えゆく民主主義」がノミネートを受けて […]