ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | W杯開催地変更はあるか=サッカー界最大の汚職事件=ブラジル政界にも波紋を呼ぶ=「端緒に過ぎない」と米当局
マリン前会長の名が冠されていたCBF本部ビル(Alexandre Macieira/Riotur)
マリン前会長の名が冠されていたCBF本部ビル(Alexandre Macieira/Riotur)

W杯開催地変更はあるか=サッカー界最大の汚職事件=ブラジル政界にも波紋を呼ぶ=「端緒に過ぎない」と米当局

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 元FIFA会長=アヴェランジェ氏が死去=国際サッカー界へ大きな功罪2016年8月17日 元FIFA会長=アヴェランジェ氏が死去=国際サッカー界へ大きな功罪  ブラジル人として初めて国際サッカー連盟(FIFA)会長をつとめたジョアン・アヴェランジェ氏が16日朝、入院中だったリオ市南部ボタフォゴの病院で肺炎のために亡くなった。100歳だった。16日付伯字紙サイトが報じている。 裕福なベルギー系の商人の子として1916年にリオ市で生まれ […]
  • オデブレヒト=連邦貯蓄銀行が不正融資=W杯スタジアム建設費に疑惑2016年10月11日 オデブレヒト=連邦貯蓄銀行が不正融資=W杯スタジアム建設費に疑惑  2014年サッカーW杯開幕試合の会場、サンパウロ市東部にあるコリンチャンス本拠地「イタケロン・スタジアム」建設に関し、連邦貯蓄銀行(CAIXA)が、建設を請け負ったオデブレヒト社からの要請で、3億5千万レアルの不正融資を秘密裏に行なっていたことが明らかになった。9日付現地紙が […]
  • ブラジル代表=ドゥンガ監督を解任=後任チッチを待ち受ける試練2016年6月17日 ブラジル代表=ドゥンガ監督を解任=後任チッチを待ち受ける試練  6月12日、コパ・アメリカ100周年記念大会、1次リーグ最終戦でブラジルはペルーに0対1で破れ、グループリーグ3位に陥落、同大会から姿を消した。 ペルーの決勝点は完全なハンドで、ブラジルに同情の余地はあるが、初戦のエクアドルでは逆に誤審に助けられ、辛くも引き分け。エクアドル、 […]
  • クスタ・ブラジル=ジウマ大統領の側近を直撃=グレイシー元官房長官にも捜査=ペトロロン以外にも進むLJ2016年6月25日 クスタ・ブラジル=ジウマ大統領の側近を直撃=グレイシー元官房長官にも捜査=ペトロロン以外にも進むLJ  【既報関連】23日に行われたラヴァ・ジャット作戦(LJ)の「クスタ・ブラジル」は労働者党(PT)や旧ジウマ政権に大きな衝撃を与えたが、これが政界に示す意味を24日付エスタード紙が報じている。 ルーラ~ジウマ政権で企画相、通信相を務め、重要閣僚の一人だったパウロ・ベルナルド容疑 […]