ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 岩手県人会(千田曠曉会長)による第9回わんこそば大会が、地元紙「岩手日報」27日付けの『海外県人会便り』で紹介された。当地では非日系にも人気が出始めている同行事だけに、母県でも〃国際的大会〃として再認識する動きが強まるかも。いつか本場・盛岡のわんこそば早食い王者を当地に招き、日伯対決なども面白いのでは。県連日本祭りでやるのも一興。ブラジル人青年の体格の良さを考えたら、こちらがやや有利?
     ◎
 リベルダーデ歩こう友の会が31日、ピラール・ド・スール市に日帰りピクニックを行う。果樹園や健康食品工場の見学のほか、お土産の購入もできる。集合時間・場所は朝7時にリベルダーデ広場。参加費は会員100レ。非会員110レ。問い合わせ・申し込みは同事務局(11・3207・2690まで)、小笠原さん(11・3209・8521)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年4月7日 大耳小耳  4日付本面「5県人会の第22回屋台祭り」の記事中に誤りがあった。滋賀県人会が出すのはてっきり「近江肉うどん」かと思っていたら、本当は「関西風しょうゆラーメン」だそう。20レで販売する。サンパウロ市のラーメンブームに新しく関西風が参入だ。レストランの料理は一年中食べることができ […]
  • 大耳小耳2016年8月4日 大耳小耳  非日系人の来場客が過半数を超え、『サンパウロの祭り』と認識され始めた県連日本祭り。県連代表者会議では、宮城県人会の中沢宏一会長から「NHKニュースで『あるブラジルの日系団体が主催した』と報道された。非常に残念」と悲しむ発言があった。本橋元会長からは「日本では自民党の支部を『県 […]
  • 大耳小耳2016年9月13日 大耳小耳  「ウチナーンチュの心」を次代に伝えるための日ポ両語の同人誌『群星』第2巻が、ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)により7月に発刊された。9月20日にその合評会が予定されていたが、大事な有志、高安宏治さんが入院・手術中ということもあり、延期になった。高安さんは、本紙6面 […]
  • 大耳小耳2016年7月5日 大耳小耳  県連50周年記念事業として企画された講演会。四世以降の日系社会離れが深刻化するなかで、いかに日系社会を活性化させていくかという観点から考案されたと言う。中沢宏一さん(宮城)は、「日本祭り開催や慰霊碑の管理、ふるさと巡りなど独自の活動をしてきた県連。他国にはない強力な団体だ」と […]
  • 大耳小耳2016年7月22日 大耳小耳  『岩手日報』7月21日付国際面の「海外県人会だより」コーナーでは、県連日本祭りの岩手県人会食ブースの奮闘ぶりが、千田曠曉会長によって次のように報告された。《岩手県人会は、長年出品している岩手産ワカメを使用した「三陸わかめうどん」が目玉。わかめソバ、コロッケ弁当、コロッケ(ブラ […]