ホーム | 日系社会ニュース | 県連代表者会議=政府支援55万レは無理=日本祭り開催中止の声も=山田氏「今年が正念場、決行へ」
説明する山田実行委員長(左)と市川委員(右)
説明する山田実行委員長(左)と市川委員(右)

県連代表者会議=政府支援55万レは無理=日本祭り開催中止の声も=山田氏「今年が正念場、決行へ」

 県連日本祭りへの議員割り当て金や「PROAC(州の免税プログラム)」の助成を得ることが今年は難しく、この関連で55万レアルも収入減額――との衝撃的な数字が、ブラジル日本都道府県連合会(本橋幹久会長)の5月度代表者会議で発表された。
 28日午後、県連大会議室で行われ、各県人会代表者39人が参加した。議題の中心は、残り2カ月をきった「第18回日本祭り」だ。資金不足で開催が危ぶまれる同祭の現状について、実行委員会の山田康夫委員長(滋賀)と市川利雄委員(富山)が終始現状の説明に尽くした。
 昨年8月に発表された予算見積もりでは、今年は支出292万7千レ、収入275万8千レで、設備代増加等の影響で当初から16万9千レアルの赤字見込みだった。
 実行委員会では設備会社と交渉を重ね、支出を280万レに圧縮させ、企業からのスポンサー収入を増大させる努力を重ね、うまくいけば黒字になりそうな状態にまでなっていた。ところが開催まで2カ月を切った5月末現在、状況はさらに厳しくなった。
 大幅予算削減を敢行中の連邦政府や、巨額の水不足対策費に苦しむ州政府は、昨年まで出していた議員割り当て金やPROACを強く抑制し、今年は出ないことが5月始めにはっきりした。黒字になりそうだった会計は、見込んでいた議員割り当て金など政府支援55万レアルが不可になったことで、一気に27万レ赤字になったからだ。
 これが明確になった時点で「開催中止した方がいい」との声も委員会内部では出たが、山田実行委員長は「今年は日伯120周年。すでに多額の準備資金を投じており、企業からの信用を考えれば、今年は正念場。例え赤字でも決行し、来年以降に繋げたほうが得策」と訴えた。
 実行委員会は赤字対策として、さらに協力企業のスポンサー収入を増やす意向だ。新たなスポンサーとして楽天や三菱電機が加わり、当初よりより32万4レ増の資金が集まっている。
 最終的に残る赤字分に関しては、「何回もできることではないが、県連には貯蓄がある。それを切り崩す」と説明し、覚悟を決めている様子を窺わせた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」2018年11月9日 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が「10月度代表者会議」を先月25日に県連会議室で行なった。和歌山県人会長の谷口ジョゼ日本祭り実行委員長が進める同祭の計画では、県人会の同祭運営の積極参加を求めている。  谷口実行委員長は「来年度の日本祭りに向けた話し合いは民主 […]
  • 日本祭り=本紙ブースに立ち寄っては=『日本文化』など書籍販売2018年7月19日 日本祭り=本紙ブースに立ち寄っては=『日本文化』など書籍販売  県連日本祭りでは今年もニッケイ新聞がブースを出展する。郷土食コーナーの料理リストが載った特集号などを無料配布する。  他にも本紙が刊行した日ポ両語のシリーズ本『日本文化』のセットを特価販売するほか、ベストセラー『ブラジル人のためのニッポンの裏技』などの各種書籍を販売する。 […]
  • 県連代表者会議=記念式典は正午からに時間変更=ギネス挑戦で初の全県参加!2018年6月2日 県連代表者会議=記念式典は正午からに時間変更=ギネス挑戦で初の全県参加!  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「5月度代表者会議」が先月24日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。2ヵ月後に迫る『第21回日本祭り』内で行われるギネス記録、110周年記念式典の時間変更などについて報告が行われた。  7月21日午前11時から正午までとされ […]
  • 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と2018年5月1日 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の4月度代表者会議が26日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。サンパウロ市の日本移民110周年記念式典会場やギネスなどについて説明があったほか、菊地義治ブラジル日本移民110周年祭典委員会実行委員長から移民の日法要への出席が呼び […]