ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 5日付け佐賀新聞に、ブラジルとペルーの県人会記念式典に参加する、一般慶祝団員の募集記事が掲載された。当地は創立60周年(8月2日・サンパウロ市)、ペルーは35周年(5日・リマ)で式典を行なうのだが、両国での観光も含まれたAコースと、ブラジルのみ訪れ、親族訪問ができるBコースが用意されている。旅行社による新しい試みだとか。それぞれ定員は20人だが、どれだけ集まるか気になるところ。
     ◎
 JICA横浜海外移住資料館が日伯交樹立120周年の記念事業として、6日から来月5日まで、同展示室で「移民画家半田知雄の世界」と称した絵画展を開催している。半田知雄は移民の生活を描いた画家として知られ、サンパウロ総合大学の二宮正人教授が所有する作品の寄贈を受け開催に至った。それに関連し、21日には二宮氏自身の移住60周年を記念した講演会の開催も予定されているとか。
     ◎
 12日~21日まで聖、リオ、ベロ・オリゾンテ、クリチーバで「フランス週間」が開かれる。サンパウロ市では有名仏ブランド「ジバンシー」の歴史紹介、仏移民史を辿る街歩き、レストラン「Canaille」でのワイン講座などを予定。「仏レストランも特別メニューを準備する。詳しいプログラムは各市の仏伯商工会議所のサイトまで。サンパウロ市のサイトはsaopaulo.ccfb.com.br、電話は11・3060・2290。

image_print

こちらの記事もどうぞ