ホーム | 文芸 | 連載小説 | パナマを越えて=本間剛夫 | パナマを越えて=本間剛夫=106

パナマを越えて=本間剛夫=106

 彼らはボリビアで選ばれた青年六百五十人のレインジャーの緊急訓練を始めていた。この青年たちは十九週間訓練され、小銃や迫撃砲の撃ち方、装備のカモフラージュ、目標の位置の確認法、夜間移動者の足音、その他の聞きわけ、敵の待ち伏せ、自身の待ち伏せなどの要領などを教わる。
 ゲバラはこの訓練所を襲うことにした。この地点は澄み切った水がリオ・グランデ川の砂の混じった激流と合流し、両岸は深いジャングルだった。三十人の隊員たちが装備を脱ぎ頭の上に乗せて渡り始めたとき、突然レインジャー部隊の射撃に遭って半数が流れを赤く染めて流された。残りの者たちは急いで下流に流れて難を避け、この攻撃は失敗に終わった。敵は両岸の藪の中に潜んでいたのだった。
 銃声を聞いた農場の同士たちがカヌーを漕いて来たので、ゲバラたち十余名は辛うじて生き伸びられた。
 それから数日後、それは一九六七年十月八日、一人の土民が森の中で人声がしていると軍に知らせた。直ちに農場はレインジャー隊に囲まれた。午後一時半頃、農場の同士の一人が一、二発発砲して素早く身を隠した。彼につづいてゲバラも発砲したが、その時、彼は両足に敵弾を受けた。同士たちはゲバラを背負うと流れに跳び込んで下流に逃れたが、再び一斉射撃が始まってゲバラのベレー帽が吹っ飛んで流れた。一同は川から這い上がりジャングルに潜んだ。
 ゲバラはもう歩けなかった。この時ゲバラは絶望的だったが、まだ抵抗した。木に寄りかかって発砲した。敵との距離はせいぜい七~八メートルほどだった。しかし、それも長くは続かなかった。敵の弾が彼の持っている銃の銃床と右腕に命中して銃は地面に倒れた。と、同時に銃声が止み、ジャングルは下の静寂に返った。

       5

 ジャングルの夕べは早く、陽はとっぷりと暮れていた。同士たちは敵の命ずるままに数人がゲバラを担いで断崖の径をおりた。眼下に細いせせらぎが見える所に深い洞窟の穴があいていた。そこが敵の一つの基地だった。人間が立って歩けるほどの天井で、どこまで続いているのか、おそらくその奥はもぐらの巣のように無数の枝状の穴になっているのだろう。
「そこへおろせ! 下ろしたら、早くここを出て行け!」
 隊長らしい男が叫んだ。
 同士たちは首領との最後の別れだった。彼らはカンテラに照らされた蒼白いゲバラの顔を見詰めて祈るように幾度も振り返りながら肩をおとして洞窟を出た。
 翌朝、敵は、まだ微かに息のあるゲバラを担架に乗せて断崖を登り、近くの小学校と書かれた標札のある小屋に運び入れた。そこへ上級将校と見られる男と五名の兵が現れ、無言のままゲバラの頭と胸に拳銃二発を打ち込んだ。ゲバラが何にか叫んだようだったが、間もなく絶命した。
 これが彼の最期だった。
 敵たちはゲバラの屍体を囲んで、めいめい十字を切った。
 三十七歳の稀有の革命の使徒は学生時代に南米諸国を旅行して見聞した貧しい土民たちの実態が、彼の純粋な精神を刺激して革命戦士として育てあげた。
 数名の外国資本家と数人の大地主たちによって政治が左右される国々、これを打ち倒し、貧しい民衆のための政治を希ったゲバラの精神は単に「幻を追う男」として語られてよいのだろうか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パナマを越えて=本間剛夫=107 (終)2015年6月30日 パナマを越えて=本間剛夫=107 (終)      ※『追記』※帰国して半年余りが過ぎた時、思いがけなくエスタニスラウから部厚い便りを受けとった。それには私のボリビア出国以後のゲバラに関する詳細が述べられていた。その大要を箇条書きで記すことにしよう。※ボリビアは一九六七年一月二十六日死刑を廃止しているが、ゲバラ殺害 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1042015年6月25日 パナマを越えて=本間剛夫=104  すかさずゲバラは隙間から続けざまに拳銃を発射した。手ごたえがあって一人が「おおっ!」と叫んで前こごみに倒れ、一人はびっこをひきながら走り、乗ってきたジープに跳び乗って走り去った。ジープにもう一人の影があった。 倒れた男の胸を黒い血が染めていた。 ゲバラの数発の弾は肺と胸を […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1052015年6月26日 パナマを越えて=本間剛夫=105 「読むわよ。わたしラパスの小学校出たんですもの」女は白い歯を見せて微笑んだ。 それから小一時間も話が弾んだ。ゲリラと軍の活動状況が聞き出せると考えたゲバラ一行はパンを頬ばり、カフェを呑みながらサンタクルース周辺の治安について突っ込んだ質問をつづけた。そのあとで女がいった。「 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1022015年6月23日 パナマを越えて=本間剛夫=102  私は疲れていたので、男たちに挨拶して夫人の案内で寝室に入り、着ている服装のままベッドに横になって、小一時間も軽寝したと思ったとき、隣室の男たちの声で眼を覚まされ、起き上がって隣室に入った。 隣室の声はゲバラと彼の中学時代の友、ロベルトとの会談だった。田代夫人も同席していて […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1032015年6月24日 パナマを越えて=本間剛夫=103  この移住地は戦後、日本政府の事業として成功した約百家族の日本人の集団地だった。そこまで行けばブラジル国内の山地も平野も道路が整備されていて二、三日でラパスに着ける。ロベルトは軍人としてゲバラ以上に大陸の地理には明るかった。「俺はアルトパラナからコチャバンバのペルー組と連絡 […]