ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | セレソン監督経験者会議発足=ブラジルサッカー再建策を議論=外国人や他部門専門家も召集

こちらの記事もどうぞ

  • 《W杯開幕特集/座談会》セレソン6度目の優勝なるか?=ネイマール復帰戦の調子も上々=チッチ監督の采配にも注目2018年6月16日 《W杯開幕特集/座談会》セレソン6度目の優勝なるか?=ネイマール復帰戦の調子も上々=チッチ監督の采配にも注目  4年に一度のサッカーの祭典FIFAワールドカップが、いよいよ14日に始まった。世界各地域の予選を勝ち抜いた31カ国に開催国のロシアが加わり、7月15日までの一カ月をかけてサッカー世界一を決める。ロシア大会は21回目で、ブラジルは世界で唯一、全ての大会に出場し、世界最多 […]
  • 愛憎半ばする感情2016年6月29日 愛憎半ばする感情  アメリカ開催のサッカーコパ・アメリカ決勝でアルゼンチンのメッシがPKを失敗し、チリに敗れた。14年W杯、15年コパ・アメリカに続き、3年連続決勝で敗れた失意から、彼は〃この世の終わり〃のようなうなだれ方をしていた。 アルゼンチンに敵愾心を燃やすブラジル人も大喜びかと思いきや、 […]
  • W杯出場記録は途絶えるのか?=出場権獲得圏外に沈むセレソン2016年4月1日 W杯出場記録は途絶えるのか?=出場権獲得圏外に沈むセレソン  3月下旬に行われたサッカーW杯南米地区予選の2試合で共に引き分けに終わり、自動出場権はおろか、大陸間プレーオフにも進めない6位に転落したことで、ブラジルサッカー連盟(CBF)内における監督ドゥンガへの信頼は大きく揺らいでいる。 14年のW杯後に就任して以来1年8カ月、ドゥンガ […]
  • リオ市を見守るように立つキリスト像(Ricardo Stukert/Fotos Publicas)2015年3月4日 リオ市=市制450周年を祝う=五輪開催を来年に控え=無視できぬ懸念と課題も  リオ市は3月1日に市制450周年を迎えた。1565年に起源を持ち、来年に控えた南米初のオリンピック開催に沸くリオ市の様子を、2月28日~3月2日の伯字各紙・サイトが報じている。 2月28日夜、リオ市北部のキンタ・デ・ボア・ヴィスタで記念イベント第1弾の無料コンサートが開か […]
  • セレソン監督に再就任したドゥンガ氏Rafael Ribeiro / CBF2014年7月23日 セレソン=新監督にドゥンガ再任=惨敗後の火中の栗拾う=高い拒絶反応「気にしない」  サッカーのブラジル代表(セレソン)の新監督として、2010年W杯南アフリカ大会時の監督(06~10年)だったドゥンガ氏が復帰することが、ブラジル・サッカー連盟(CBF)の記者会見で22日に正式発表され、各伯字紙サイトが報じている。 自国開催となったW杯の準決勝でドイツに1 […]