ホーム | コラム | 樹海 | 懲罰は犯罪を減らすのか

懲罰は犯罪を減らすのか

 成人年齢引き下げ(16~18歳の重犯罪に対する懲罰を成人並みに引き上げる)や重罰化問題で、世論が割れている▼青少年が殺人などの重犯罪を犯しても最長3年間、少年院にいれば自由になれるため、青少年に犯行を促す人がいる、本人も責任の重さを感じず、罪を繰り返したりするというのが賛成派の主な言い分だ。一方、成人年齢引き下げや重罰化は犯罪者予備軍を犯罪者そのものにする可能性がある事や、刑務所の絶対数不足などで状況が悪化しかねない事などを反対派は指摘している▼下院で1度否決された成人年齢引き下げ法案が翌日承認された事も問題だが、少年院の再教育(社会化)プログラム改善にはどれ位の努力が払われてきたのか。貧困などが原因で基礎教育さえ受けられない青少年をきちんと教育する方策はないのか▼18歳になる数日前の若者に息子を殺された親が、犯人が2年足らずで自由になった事に納得できないという例がある一方、窃盗罪で少年院に入った17歳の息子を、再教育の名の下で行われた拷問で失った親もいる▼青少年が麻薬に手を染めぬよう教育する、食べるためや生き残るために盗まねばならないような状況下の家庭を減らしたり、親の再教育などの方法で重犯罪発生を未然に防ぎ、加害者となった青少年を真の意味で更生させる道はないのか▼米国には犯罪発生率が非常に低いスラムがあり、生徒をわが子のように愛する教師の存在が鍵だったとの調査結果が報告された事もある。虻蜂取らずになっては意味がないが、成人年齢引き下げや重罰化以前にやるべき事、やれる事があるはずだと考えるのは、人間が甘い証拠なのだろうか。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • スーパーチューズデイ、ブラジルにとっては?2020年3月6日 スーパーチューズデイ、ブラジルにとっては?  アメリカでは3日、3月の第1週の火曜日に、大統領選の年に4年に1度の「スーパーチューズデイ」が行なわれ、14州で予備選が行なわれた。その結果、民主党の大統領候補争いでは、それまでの予備選で劣勢だったジョー・バイデン氏が、9州で勝利し、それまで優勢だったバーニー・サンダ […]
  • 全体の流れを見る事の大切さ2020年3月5日 全体の流れを見る事の大切さ  3日夜、食卓の上に水道のメーターを取り替えた事を示す書類が置いてあるのに気がついた。主人も検査で留守だったため、息子がサインしていたが、その後、主人から台所やトイレの水が出ないと言われた。調べてみると途中までは水が来ている。ならばと思い、台所とトイレの配管部の栓(レジストロ) […]
  • 産業文明という「人類の緩慢な自殺行為」2020年3月3日 産業文明という「人類の緩慢な自殺行為」  ちょっと心を洗われるコラムを読んだので、紹介したい。生物学者フェルナンド・レイナッキ氏がエスタード紙2月22日付に書いた「(Mundo de oportunidade(機会ある世界) […]