ホーム | コラム | 樹海 | 懲罰は犯罪を減らすのか

懲罰は犯罪を減らすのか

 成人年齢引き下げ(16~18歳の重犯罪に対する懲罰を成人並みに引き上げる)や重罰化問題で、世論が割れている▼青少年が殺人などの重犯罪を犯しても最長3年間、少年院にいれば自由になれるため、青少年に犯行を促す人がいる、本人も責任の重さを感じず、罪を繰り返したりするというのが賛成派の主な言い分だ。一方、成人年齢引き下げや重罰化は犯罪者予備軍を犯罪者そのものにする可能性がある事や、刑務所の絶対数不足などで状況が悪化しかねない事などを反対派は指摘している▼下院で1度否決された成人年齢引き下げ法案が翌日承認された事も問題だが、少年院の再教育(社会化)プログラム改善にはどれ位の努力が払われてきたのか。貧困などが原因で基礎教育さえ受けられない青少年をきちんと教育する方策はないのか▼18歳になる数日前の若者に息子を殺された親が、犯人が2年足らずで自由になった事に納得できないという例がある一方、窃盗罪で少年院に入った17歳の息子を、再教育の名の下で行われた拷問で失った親もいる▼青少年が麻薬に手を染めぬよう教育する、食べるためや生き残るために盗まねばならないような状況下の家庭を減らしたり、親の再教育などの方法で重犯罪発生を未然に防ぎ、加害者となった青少年を真の意味で更生させる道はないのか▼米国には犯罪発生率が非常に低いスラムがあり、生徒をわが子のように愛する教師の存在が鍵だったとの調査結果が報告された事もある。虻蜂取らずになっては意味がないが、成人年齢引き下げや重罰化以前にやるべき事、やれる事があるはずだと考えるのは、人間が甘い証拠なのだろうか。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「言葉の力」を大切に2019年6月20日 「言葉の力」を大切に  知人との会話の中で、「言葉の力」という言葉が出てきた。「愛」「感謝」といった言葉を書いた紙の上に水の入った入れ物を置いておくと、水の分子が雪の結晶のようなきれいな形になり、水質もよくなるが、「憎しみ」「怒り」といった言葉を書いた紙の上だと、分子はきれいな形にはならないという内 […]
  • 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎2019年6月18日 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎  「本にして残せば、その記録は永遠に生きていく、というのが私の信念です」――日本では数少なくなってきた地方出版、その雄ともいえる秋田県の(有)無明舎出版の安倍甲社長(あんばい・はじめ、69、秋田県秋田市在住)が着伯した14日に来社した際、そんな印象に残る言葉を残した。 […]
  • 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判2019年6月14日 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判  9日の夜から、伯国は、通称「ヴァザジャット」と呼ばれるスキャンダルで揺れている。ラヴァ・ジャット作戦を指揮していた二人のリーダー、セルジオ・モロ法相とデウタン・ダラグノル捜査官が、違憲とされている「判事と検察の協力」を行なっていたことや、ダラグノル氏に関しては、実はル […]
  • 公共交通機関のある環境保護区の指定解除?2019年6月13日 公共交通機関のある環境保護区の指定解除?  アマゾン基金の用途変更や環境関連の国際会議の開催拒否、銃規制緩和など、時代に逆行する政策が目立つボウソナロ政権でまた、物議を醸しそうな話が浮上した▼インフラ省が環境省に高速道や鉄道、港、空港がある環境保護区の指定基準見直しを求め、60を超える保護区が指定解除となりそうだという […]