ホーム | コラム | 樹海 | 懲罰は犯罪を減らすのか

懲罰は犯罪を減らすのか

 成人年齢引き下げ(16~18歳の重犯罪に対する懲罰を成人並みに引き上げる)や重罰化問題で、世論が割れている▼青少年が殺人などの重犯罪を犯しても最長3年間、少年院にいれば自由になれるため、青少年に犯行を促す人がいる、本人も責任の重さを感じず、罪を繰り返したりするというのが賛成派の主な言い分だ。一方、成人年齢引き下げや重罰化は犯罪者予備軍を犯罪者そのものにする可能性がある事や、刑務所の絶対数不足などで状況が悪化しかねない事などを反対派は指摘している▼下院で1度否決された成人年齢引き下げ法案が翌日承認された事も問題だが、少年院の再教育(社会化)プログラム改善にはどれ位の努力が払われてきたのか。貧困などが原因で基礎教育さえ受けられない青少年をきちんと教育する方策はないのか▼18歳になる数日前の若者に息子を殺された親が、犯人が2年足らずで自由になった事に納得できないという例がある一方、窃盗罪で少年院に入った17歳の息子を、再教育の名の下で行われた拷問で失った親もいる▼青少年が麻薬に手を染めぬよう教育する、食べるためや生き残るために盗まねばならないような状況下の家庭を減らしたり、親の再教育などの方法で重犯罪発生を未然に防ぎ、加害者となった青少年を真の意味で更生させる道はないのか▼米国には犯罪発生率が非常に低いスラムがあり、生徒をわが子のように愛する教師の存在が鍵だったとの調査結果が報告された事もある。虻蜂取らずになっては意味がないが、成人年齢引き下げや重罰化以前にやるべき事、やれる事があるはずだと考えるのは、人間が甘い証拠なのだろうか。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ブラジルのサイトが好む日本製チョコレートは?2019年4月19日 ブラジルのサイトが好む日本製チョコレートは?  日本でチョコレートが最も消費される日と言えば、日本人なら誰もが「それは2月14日のバレンタインデーだ」と答える。だが、それは日本独自のもの。ブラジルを含む欧米社会では「チョコレートを食べる」といえば「パスコア」、英語風に言うなら「イースター(復活祭)」の日だ▼そのパス […]
  • 最高裁が民主主義の原則を侵害?2019年4月18日 最高裁が民主主義の原則を侵害?  15、16の両日、民主主義の大原則「言論と表現の自由」を揺るがしかねない報道が飛び交った。17日付弊紙2面でも報じた、特定のニュースサイトと雑誌が掲載した最高裁長官絡みの記事を、最高裁判事が外させた件だ▼大手建設会社元社長マルセロ・オデブレヒト氏が、「自分のメールにある『父の […]
  • もはや「イロモノ政治家」まで大統領よりまとも?2019年4月12日 もはや「イロモノ政治家」まで大統領よりまとも?  10日付フォーリャ紙に非常に興味深いインタビュー記事が掲載された。それは、元ポルノ男優として知られる一年生下院議員アレッシャンドレ・フロッタ氏のものだが、ボウソナロ大統領の熱心な支持者として知られた彼が、同大統領ならびに同政権を批判する発言を行なったのだ▼フロッタ氏は […]
  • 自然の脅威と人間の無力さ2019年4月11日 自然の脅威と人間の無力さ  8日夜、リオ市を襲った雨は22年ぶりの豪雨となり、10人の犠牲者を出した。今回の豪雨では、土砂や倒木、車まで巻き込んで流れる濁流のすさまじさや、土砂崩れで倒壊する家屋を映す映像などに何度も息をのんだ▼特に衝撃的だったのは、娘夫婦の旅行中、孫を預けられた女性が、女児を連れてフェ […]