ホーム | コラム | 樹海 | 身近にある宝を見つけよう

身近にある宝を見つけよう

 サンパウロ市でもコンサートを行った事があるBEGINの曲に、「島人ぬ宝」という曲がある。02年発売の曲だが、昨年、とある音楽教室の集まりで聞いて以来、身近なものになった▼「僕が生まれたこの島の空を 僕はどれくらい知ってるんだろう」という言葉で始まる曲は「でも誰より誰よりも知っている 悲しい時もうれしい時も何度も見上げていたこの空を…」と続き、「この島の海、この島の唄をどれくらい知ってるんだろう」と繰り返す。沖縄の本土復帰30周年に向けて、石垣島の中学生達が島への想いを書いた詩をもとに作られたとされる曲を聴くと、漫然と暮らしていると気づかない故郷の価値や大切さにも思いがいく▼當眞嗣一沖縄県立博物館館長(当時)は同年、「島人ぬ宝は島人としての誇り、それを支える歴史・文化、それを育む自然」と評したという。これらのものは身近すぎてその価値に気づかない事もままあるが、自分では意識していなくとも各人の歩みに大きな影響を与える▼人との出会いもまた然りだ。家族や恩師、先輩やクラスメートなどの言葉や生き様が自分の行動や考え方にどれほどの影響を与えてきたかを考えると、自分が与えかねない影響の大きさが怖くもなる。だが、同時に各々の出会いへの感謝の念も湧いてくる▼故郷が持つ懐の広さに似て、万人を包み込むような人もいるが、荒ぶる波の如く周囲の人を蹴散らし、鼻つまみ者になる人もいる。八方美人は困るが、どんな人の前でも自分を飾らず、凛としている人にはやはり心惹かれる。テロや経済危機など、揺れ動く時代なればこそ、揺るがない宝を見つけ、大切にして欲しいと願わされる。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「新旧右派対決」の様相のフェイクニュース捜査2020年5月29日 「新旧右派対決」の様相のフェイクニュース捜査  「ああ、ついに起こってしまったか」。27日、ボウソナロ大統領を熱烈に支持していることで知られる政治家や活動家、企業家を対象にした連警捜査が行われたと聞いたとき、コラム子は即座に思った。  コラム子にとって印象的だったのは、フェイスブックの新聞や雑誌、ニュースサイトの […]
  • 遅すぎた外出自粛と数世代同居2020年5月28日 遅すぎた外出自粛と数世代同居  ブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、社会的隔離を緩和する国が出始めた。他方、ごく緩い規制のみを採用し、ボウソナロ氏が反隔離の例とするスウェーデンは死者が急増中だ。  同国は一人暮らしの人が過半数で、何も言わなくてもある程度隔離状態が出来る。だが、感染拡 […]
  • 記者コラム「樹海」京大式「半自粛のススメ」をブラジルでも2020年5月27日 記者コラム「樹海」京大式「半自粛のススメ」をブラジルでも  ブラジルでは連日1千人前後のコロナ死者を記録し、24日時点で死者総数が2万2165人になった。感染が、海岸沿いの大都市から内陸部へとどんどん広まっている。  にもかかわらず、大統領の周辺は、疑惑の閣議ビデオ公開で大混乱状態にあり、今やいつ罷免請求が始まってもおかしくない流れ […]
  • 【記者コラム】意図せず「結果的な集団免疫」に向かいそうなブラジル コロナ禍時代の「新しい日常」を見つけよう2020年5月19日 【記者コラム】意図せず「結果的な集団免疫」に向かいそうなブラジル コロナ禍時代の「新しい日常」を見つけよう 「対策ナシならコロナ死者は100万人」  無名だった彼が3月30日に出演したTVクルツーラの討論番組ロダ・ヴィヴァのユーチューブ映像は、24時間で100万人が視聴した。いかにブラジル人一般がコロナを恐れているかが如実に伺われる。  最近のテレビを見ていてもニュー […]