ホーム | イベント情報 | コチア青年60周年祝う=記念式典を9月20日

コチア青年60周年祝う=記念式典を9月20日

前田会長

前田会長

 1次1回の着伯から今年で60年を数えるコチア青年連絡協議会(前田進会長)が、9月20日午前10時(30分前受付)からサンパウロ州サンロッケ市の国士舘大学スポーツセンター(Rod. Bunjiro Nakao, SP-250, Km 48)で「60周年記念式典」を開催する。
 コチア青年家族が一堂に会し、親睦を深める貴重な機会。5年ごとに式典を開催し、食事やカラオケなど余興で盛り上がる。サンパウロを始めポルト・アレグレやブラジリアなど各地から約700人が来場する見込み。
 記念事業とし、記念誌の刊行と、コチア市に置かれている下元健吉氏(旧コチア産業組合専務理事)の胸像と慰霊碑の国士館移設が予定されている。式典当日に除幕式を行なう。
 前田会長は「コチア青年は今でも結束が強く、式典はとても盛り上がる。同船者との思い出話にも花が咲きます」と呼びかけた。
 問い合わせは事務局(11・3031・1123)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新日系コミュニティ構築の“鍵”を歴史の中に探る=傑物・下元健吉(28)=その志、気骨、創造心、度胸、闘志…=外山 脩2020年5月15日 新日系コミュニティ構築の“鍵”を歴史の中に探る=傑物・下元健吉(28)=その志、気骨、創造心、度胸、闘志…=外山 脩 波頭の上に…  1955年のコチア青年の導入開始後、組合員の出荷総量は伸び続けた。下元の目論見は当たったのである。  1957年4月、コチア産組は創立30周年を記念して――ジャグアレー区に入手した土地で――農業展覧会を開催した。農業関係の機械類、生産物、同加工品、写 […]
  • 総領事公邸で天皇誕生日祝う=立錐の余地なし、420人が盛大に2020年2月29日 総領事公邸で天皇誕生日祝う=立錐の余地なし、420人が盛大に  天皇陛下が2月23日に60歳の誕生日を迎えたことを祝って、聖市モルンビー区のサンパウロ総領事公邸で、天皇誕生日祝賀会が20日正午から行われた。招待客約420人が参列し、公邸内は立錐の余地がないほどに満杯になった。  野口泰総領事が一人ひとりとあいさつを交わして記念写 […]
  • 県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を!2020年2月18日 県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を!  「こんな解釈があるのか!」――9日に行われた憩の園チャリティ歌謡祭「日本移民ショー」の出だしは、実に衝撃的だった。  90年代に一世を風靡した、当時の若者風俗を代表するような尖ったビジュアル系ロックバンド「XJapan」の音楽を使って、「明治の精神」を受け継ぐような […]
  • オイスカがクーニャで植樹=野口総領事、コチア青年らも参加2019年12月14日 オイスカがクーニャで植樹=野口総領事、コチア青年らも参加 […]
  • 大耳小耳2019年12月13日 大耳小耳  11月に発行された『コチア青年会報』第48号(同連絡協議会)を見ていたら、リオ・デ・ジャネイロ州ノーヴォ・フリブルゴ在住の松岡利治さん(1次10回)が「提言『若き力を』」を寄稿していた。日本語話者がまだ多いサンパウロ市とは違って、地方部では二世層を取り込むためにポルトガル語化 […]