ホーム | 文芸 | 読者寄稿 | 護憲革命の思い出=サンパウロ 梅崎嘉明

護憲革命の思い出=サンパウロ 梅崎嘉明

 7月9日はブラジル護憲革命記念日である。その革命最中の(1932年)7月26日に私たち800余名の移民が、大阪商船ラプラタ丸でリオ港に到着した。
 リオは世界第3美港の一つとしてその頃から知られていて、移民たちはその都市に上陸して景観を満喫するつもりでいた。船から移住局へ上陸申請の無電を打ったが、先方からOKの返事が来ない。革命で何もかも麻痺しているらしい。
 一夜が明けて立ちこめていた濃霧が去ると、写真で知られているポン・デ・アスーカルの岩石がぬっと目の前に伸び上がっていて、船の近くには2~3の飛行艇が浮いており、しばらくするとその一機が水飛沫を散らして舞いたち、都市の上空を何十分も旋回している。その機が戻ると、また別の機が飛び立つ。革命軍の都市潜入を警戒しているらしいとのことだ。
 船からはその日一日中、上陸申請をくり返したがラチがあかず、夜になってサントスに向って南下した。
 幸いにサントス港では上陸を許された。平時はそこから列車でサンパウロ市の移民収容所に送られるのだが、収容所は革命軍の宿舎に利用されていた。出迎えに来られた秋穂梅吉氏は、
「まことに申しわけありませんが、今夜はこの町(サントス)で宿をとり、明日早く列車で奥地に出発していただきます」
と、一同に低頭されている。何しろ800名近い人数である。それぞれホテルや宿に割り当てられたが、どのホテルも寝台が足りず廊下にザコ寝といった有様だ。我々はどこまで落ちるのだろう、と移民たちは不満たらたらである。
 私は10歳の少年だったから、そうした大人たちの愚痴とはよそに、ホテルの窓から野外に目をやると、土嚢を積んだ塹壕が左右に伸びていて、何十名かの兵士が銃を構えて前方をにらんでいた。
 上官らしい男が何か叫び、兵士は一斉に土嚢を越えて前方へ走り去った。革命軍の集団訓練らしい。「勇ましいな」と私が感嘆していたら、髭面のホテルの主人から中に引っ張り込まれた。革命をすごく警戒しているらしい様子だった。
 この騒動は一緒に移住した800名の人々の体験でもある筈だが、そのことを書いた物はあまり見かけない。私は私の書く小説にこの革命を時々はさんでいるので、呼んで下さった方もいるかも知れないが…。

(注)戦争とか革命記念日は多く終了日をさしているが、この記念日は始まった日を記念しているらしい。何故なら私たちの入港した7月26日にはまだ争っていた。私は嘘を書いたのではない。このことを説明すると本文とは別なものになるので略する)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 私の2世観について=サンパウロ 平間浩二2016年2月12日 私の2世観について=サンパウロ 平間浩二  2世観といっても時代的背景及び家族構成、生活環境等によって千差万別であると思う。時代の流れから大別すると、戦前と戦後に分けることができる。このように二分しても、戦前、戦後の2世の人間性、人格等については何ら変わることはない。あえて言うなら、戦後よりも戦前の方が日本的文化の素養 […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 「拝啓、Aさんお元気ですか?」=ジアデマ 松村滋樹2016年8月19日 「拝啓、Aさんお元気ですか?」=ジアデマ 松村滋樹  ブラジル事情に詳しくて、いつも新聞や実業雑誌に投稿されていたAさん。街でお会いすると、いつも向こうから声を掛けて来られ「元気ですか」と挨拶される。私の人生の師であった。 […]
  • ルーラさんの功罪=パラナグア 増田二郎2016年4月27日 ルーラさんの功罪=パラナグア 増田二郎  この頃、テレビをつけたり、あるいは新聞や週刊誌をめくると、目に入るのはPT(労働党)政権の汚職事件ばかりです。その水増し予算や公共事業費ピンはねは通常の度を越し過ぎていて、ここに至ってとうとうジルマ大統領の弾劾裁判に発展しようとしています。 ブラジルの歴代大統領にも、規模の大 […]