ホーム | コラム | 樹海 | 日本は菜食「者」嫌い?

日本は菜食「者」嫌い?

リベルダーデ区のビーガンレストランで、卵や乳製品を使わないのに美味しいと〃雑食者〃にも人気のフェイジョアーダ

リベルダーデ区のビーガンレストランで、卵や乳製品を使わないのに美味しいと〃雑食者〃にも人気のフェイジョアーダ

 本紙サイトにのみアップしている編集部ブログで、ベジタリアン(菜食)の女性職員が「ブラジルにおける菜食事情」をレポートした所、結構な数のアクセスがあった。「肉食国家ブラジルで菜食が盛ん!?」という意外性が関心を惹いたのだろうと思う▼「沢山読まれて良かったね」と労うと、「うん、でも結構きついコメントもあって…」と顔を曇らせた。本紙の記事は一般検索エンジンのニュースサイトからも読めるのだが、心無いコメントを残した人達もいたようだ▼菜食の在日ブラジル人も「ブラジルの飲食店は大抵菜食メニューがあるのに、日本では最悪水だけ」とこぼしているように、日本では「菜食お断り」の店が大半だ。また、「自分は菜食だ」と宣言するだけで「押し付けるな」と過剰反応が返ってきたり、「植物だって生き物でしょ」という理屈っぽい批判にさらされたりする。やり込めてやろうという敵意が感じられることもあって、傍目にも同情してしまう▼多分そう言っている人も、キャベツなら手で引き裂けても鶏の首をひねるのはためらうのだろうが、日本人らしいというべきか、まずは理屈が感情より先に立つようだ。理屈を優先するから抑圧された感情が敵意に成り代わって表面化するのか、あるいは菜食=仏教=宗教アレルギーという構図なのか。とにかく「異端」を極端に嫌う日本人の特性がよく現れるのが、菜食主義への反応だ▼当地を含め、肉食国家ほど菜食が盛んという逆説が世界で起こっており、日本でも外国人の多い観光地では対応を迫られている。その一環で在日菜食ブラジル人を利用して、「菜食国際交流」など始めてみてはどうだろう? (阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点2020年5月8日 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点  「5日はブラジル政界にとって歴史に残る大スクープになるのでは」。そう期待していた人も少なくなかった。だが、結局、それは起こらなかった。  この日、2日に行われたセルジオ・モロ前法相の「ボウソナロ大統領が連警捜査に干渉した」疑惑についての供述内容が全編公開された。だが […]
  • マスクをかければ大丈夫?2020年5月7日 マスクをかければ大丈夫?  ボウソナロ大統領が反隔離を叫び始めて以来、外出自粛に疲れた市民や経済的に困窮した企業家や労働者達による反隔離デモが増えた。  他方、欧米諸国ではコロナ被害がひどいが、アジアでは感染者や死者が少ないと不思議がり、理由を探る人もいる。  社会隔離策は世界中で採用されて […]
  • 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?2020年5月1日 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?  4月24日のセルジオ・モロ法相の突然の辞任はブラジル社会全体を揺るがした。このショックで、ボウソナロ大統領は熱狂的支持基盤を築いてきたSNSでの支持者数が万単位の人数で減少。大統領に大きなダメージまで与えている。  さらに言えば、ダッタフォーリャの世論調査で、モロ氏 […]
  • 外国人医師さえ国民を救おうとしているのに2020年4月30日 外国人医師さえ国民を救おうとしているのに  28日夜、伯字紙記者から「新型コロナの死者が5千人を超えたが」と深刻な事態に関するコメントを求められたボウソナロ大統領は、「それで?(E […]