ホーム | コラム | 樹海 | たま駅長にみる日本の矛盾

たま駅長にみる日本の矛盾

たま駅長(ウィキペディアより)

たま駅長(ウィキペディアより)

 「ほら、可愛いでしょ」と猫好きの知人に見せられたのは、和歌山県貴志駅の駅長「たま」の写真。07年に〃駅長に任命〃されて以来、一躍人気者となり、6月に亡くなるまで同地に11億円に上る経済効果をもたらしたというまさに招き猫。葬儀には国内外から3千人が参列し、その旅立ちに涙した▼しかし、こうした一見動物好きな民族の微笑ましい光景も、それが抱える矛盾を知ると滑稽に見えてくる。これだけたまの恩恵に預かりながら、同県の犬猫殺処分率は全国4位で、動物福祉の取り組みは「野良猫への餌やり禁止」どまりだからだ。日本全国では年間30万頭が殺されているので、同県でいえば新宮市規模の街が毎年ほぼ壊滅するに等しい▼この実情を知る在日ブラジル人は「信じられない」と絶句する。当地の治安は人間に評判が悪いが、動物には日本こそが無法地帯だ。欧州同様、ブラジルは飼い主のいない犬猫の殺処分を禁じており、約10年前にそれを実施していた自治体は、違法判決を受けて廃止した。その時、最高裁は自治体の行為をナチスの強制収容所でのユダヤ人虐殺に見立てて非難したという。こうした価値判断に両国国民の意識の違いが表れている▼食用などやむをえない場合を除き(これを偽善と呼ぶ人もいるが)、健康な動物の安楽死は多くの先進国では犯罪だ。常識や法律は時代と地域で変わるものだが、この点で日本は前時代的といえる▼たま駅長の成功にあやかろうと、日本各地で動物駅長が流行りだした。ブラジルなら動物愛護活動家が便乗するところだろうが、日本ではどうなるか。「可愛いわね」で終わらない相乗効果を期待したいが。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ダヴォスで日伯首脳会談!=新大統領の就任以来初めて2019年1月24日 ダヴォスで日伯首脳会談!=新大統領の就任以来初めて  安倍晋三内閣総理大臣は23日午後、世界経済フォーラム年次総会に出席のため訪問中のスイス・ダヴォスにて、ジャイール・ボルソナロ大統領と会談した。同大統領就任以来、日伯首脳会談は初めて。  がっちりと肩を組んでいる写真を投稿したボルソナロ大統領は、「(昨年に)日本を訪問 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん2018年12月27日 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん  ハリウッド映画『ラストサムライ』で準主演・信忠役を演じ、慈善活動にも熱心な邦人俳優の小山田真さん(こやまだしん、36、岡山県)が、20~24日にかけて来聖した。米国ロサンゼルス在住で、今回は当地における社会貢献活動展開の可能性を模索するために訪れた。  小山田さんは […]
  • ボルソナロ次期大統領=思春期に日系人の恋人?=3度懇談、山田大使に〃告白〃=新政権、日本との距離縮まるか2018年12月21日 ボルソナロ次期大統領=思春期に日系人の恋人?=3度懇談、山田大使に〃告白〃=新政権、日本との距離縮まるか  「ボルソナロ次期大統領には日系人のナモラーダ(彼女)がいたそうですよ」――13日晩、ブラジル日本商工会議所の忘年会に出席した山田彰駐ブラジル日本国全権大使に、次期大統領と懇談した様子を取材した際、コロニアには興味深いそのような事実が浮かび上がって来た。山田大使はすでに […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]