ホーム | コラム | オーリャ! | 移住2カ月目、感動の食材

移住2カ月目、感動の食材

 家族で移り住んで2カ月目のコラム子が驚いたのは、当地の食材で作る料理が大好評なことだ。〃適当〃に調理しても家族が喜んで食べる。日本では無かったことだ。これは一体どうしてか。
 東京の弓田亨というパティシエ(菓子職人)によると、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素が豊富な食材ほど、食べた時に体が喜ぶような感覚が得られるという。コラム子も彼のお菓子を何度か取り寄せたが、そのおいしさには毎回感動させられた。生きる元気が湧いてくる味だった。
 同じような感動を味わったのは、フェイジョーダや絞りたての生ジュース、出来立てのポン・デ・ケージョを食べた時だった。腹の底から元気が出るようなおいしさで、抱えていた悩みや不安を一瞬忘れてしまったほど。
 数年経てば見方も変わるかも…。でも今は素直に生命力溢れる食材に感謝したい。(将)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • バール・ド・マネ=愛され続ける老舗サンドイッチ店=モルタデッラだけじゃない多彩な品揃え2020年9月18日 バール・ド・マネ=愛され続ける老舗サンドイッチ店=モルタデッラだけじゃない多彩な品揃え  サンパウロ市営市場(メルカドン)設立とともに、暖簾を上げた昭和8年創業のサンドイッチ屋「バール・ド・マネ(Bar do Mané)」。二代目店主マノエルが“マネ […]
  • 豊富な定食50種類!「甚六」も持ち帰り開始=2020年5月7日 豊富な定食50種類!「甚六」も持ち帰り開始=  「お金が次々と消えていきます。長年お店をやっていますが、こんな経験は今までありません」――サンパウロ市リベルダーデ区の日本料理店「甚六」オーナー兼料理人の兵藤陽子さんは、コロナ禍での営業再開の感想を、ため息まじりにそう話した。  クアレンテナ(検疫)発令から1カ月余 […]
  • 外出自粛中=いつもの日本料理を味わおう!=各店工夫の持ち帰り、弁当で2020年4月30日 外出自粛中=いつもの日本料理を味わおう!=各店工夫の持ち帰り、弁当で  クアレンテーナ(検疫)で外出自粛令の最中、サンパウロ市の日系レストランでも、ヴィアージ(持ち帰り)を行う店舗が増えてきた。主な日本食店の持ち帰りサービスを紹介する。 (1)居酒屋「一茶」の「原口さんのお弁当」は魚弁当、焼きうどん、生姜焼き、カツカレーなど充実の計8種類。 […]
  • 東洋街の日本食を味わおう!=外出自粛中も持ち帰り、弁当で2020年4月25日 東洋街の日本食を味わおう!=外出自粛中も持ち帰り、弁当で  外出自粛令開始から1カ月、サンパウロ市リベルダーデ区の日系レストランでも、ヴィアージ(持ち帰り)を行う所が増えてきた。主な日本食店の持ち帰りサービスを紹介する。 (1)博多豚骨「一幸舎」の宅配ラーメンは、麺が伸びないようスープは専用カップ入れ、麺と分けて配達している。お […]
  • 居酒屋一茶=『原口さんのお弁当』開始!=焼き鮭やカレー、生姜焼き等2020年4月23日 居酒屋一茶=『原口さんのお弁当』開始!=焼き鮭やカレー、生姜焼き等  外出自粛令開始から1カ月、サンパウロ市リベルダーデ区バロン・デ・イグアッペ街の居酒屋「一茶」が22日(水)から、8種類の『原口さんのお弁当』を始めた。クアレンテーナ(検疫)中、飲食店はデリバリー(配達)とヴィアージ(持ち帰り)のみ可能なので日本食弁当となった。  担 […]