ホーム | イベント情報 | 黒木慧さんコチアを語る=コロニア今昔物語、10日

黒木慧さんコチアを語る=コロニア今昔物語、10日

黒木さん

黒木さん

 サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)による、日系社会やブラジル社会に貢献した日系人の記録を掘り起こす「コロニア今昔物語」シリーズが10日午後2時から、文協ビル(Rua Sao Joaquim, 381)5階県連会議室である。テーマは「コチア青年がブラジル及び日系農業に果たしてきた役割」。入場無料。
 コチア第一陣は1955年に到着。その後12年間で2300人におよぶ農業青年が渡伯した。彼らがブラジルの日系農業にどんな役割を果たしたのか。第一回生として来伯した黒木さんが、当時の詳しいエピソードを交えながら、コチア青年たちの足跡を辿る。
 案内に来社した細川多美子理事と事務局の星大地さんは、「改めてコチアの歴史を振り返りましょう」と呼びかけた。
 問い合わせは人文研(11・3277・8616/午後2~6時)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん2021年5月4日 ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん  「ブラジル浪曲協会」最後の会長、浪曲名人「月若(つきわか)」としてならした樋口四郎さん(福岡県)が、4月30日15時30分に聖州カンピーナス市内の自宅で亡くなった。行年85歳。1日に家族と知人のみで告別式を行い、同市内の墓地「Cemitério Parque […]
  • 聖南西果樹農家巡り(下)=ピエダーデの益田照夫さん=大規模化して次世代に継承2021年4月7日 聖南西果樹農家巡り(下)=ピエダーデの益田照夫さん=大規模化して次世代に継承  フェイラには真っ赤に熟れた柿が並んでいる。生産者の大半は日系人だ。その代表的な一人、ピエダーデ市で高品質な柿や栗などを生産する益田照夫さん(79歳・愛媛県)を取材した。  益田さんの生産物は聖市の台所、中央卸売市場「セアゼスピ」で卸売されている。柿の収穫期の現在は週 […]
  • 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和2021年3月5日 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和 「行け行け南米新天地」のポスターを見て  八十歳を迎え、移住してより、六十年。世界中がコロナ禍で旅行も出来ず、外出も控えて、家でゴロゴロして居る今日この頃である。早くコロナが終息する事を祈りながら、暇にまかせて、新移民の頃を思い返してみよう。  高校最後の夏休み […]
  • 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和2020年12月24日 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和  戦前移民19万人、戦後移民6万人とか7万人と言われる。日系190万人、海外最大の日系社会である。1957年から1962年の5年間が戦後移住者のピークで、1964年の東京オリンピックを機に日本は高度経済成長期に入って移住者が激減し、新しく移住してくる人が途切れて50年。戦後青年 […]
  • 旧コチア産組=関係者と青年先亡者慰霊祭=国士舘に全伯から40人=志半ばで眠った仲間悼む2020年12月18日 旧コチア産組=関係者と青年先亡者慰霊祭=国士舘に全伯から40人=志半ばで眠った仲間悼む 『2020年度コチア組合関係者およびコチア青年先亡者合同慰霊祭』が12日午前9時半から、サンパウロ州サンロッケ市の国士舘大学スポーツセンター内の国士舘青年広場で行われた。コロナ禍の中にも関わらず、コチア青年連絡協議会(前田進会長)の会員ら約40人が地元サンロッケ、イビウ […]