ホーム | 文芸 | 読者寄稿 | 被爆70周年=サン・ローレンソ・ダ・セーラ 丹生登

被爆70周年=サン・ローレンソ・ダ・セーラ 丹生登

 私の郷里は長崎の爆心地から40キロメートル程の距離です。直接被災はしなかったのですが、私達の町に2~3日目と被爆した人達が何十人何百人と汽車から降りてきていました。医院まで100メートル程の道を歩く途中、主に火傷で全身水ぶくれの負傷者達が多く、倒れ動けなくなり息絶えて行ったあの情況が脳裏の何処かにあって、今でも思い出すのです。小生9歳の時の思い出です。
 祖父の弟達3家族はほとんど全滅。兵作伯父達は長崎は空襲が激しいので、生家である私の家の離れ屋に2ヶ月程前から疎開していたのですが、被爆前日、息子達の様子を見に行って被爆してしまいました。
 末っ子のテイ伯母は住まいが大波止で、即死は間逃れたのですが、爆風で窓ガラスが割れ、破片で顔面に浅い傷を負った程度。しかし娘が純心女学校生で、当日は勤労奉仕で浦上に行って居り、探せども探せども見つける事が出来ませんでした。
 また、兄達3家族の消息を探せども、それぞれの住まいが爆心地に近かった為に家は消滅。遺体も見つける事は出来ませんでした。4日目に私の家に辿り付いたのですが、阿鼻叫喚、まさに生き地獄の中を3日間さ迷った状況を繰り返し聞かされた事を思い出します。
 昨日までは息災だった 兄達の家族、特に当日の朝は元気良く行って来ますと言って出て行った娘。親族合わせて12人、一瞬にしてこの世から消えてしまったのです。その驚愕は計りしれない事だったと思われます。
 額の傷は2人共たいしたことなく、短い期日で直りました。40~50日経った頃、南洋で戦っていた2人の子息が復員して来ました。住んでいた家はガラス窓が割れてた程度で焼けずに残っていたので、揃って帰って行きました。
 ところが、4~5ヶ月して夫婦とも亡くなってしまいました。2人とも齢60歳は越してたのですが至って壮健だったので、恐らく顔の傷口より高濃度の放射能に侵されていたのだろうと推察されます。
 あれから70年。幸い人類の英知であの様な不祥事は起きていませんが、この地球上に核物質が有る以上、安心出来ないのです。
 最近は核の平和利用とは言っていますが、原子力発電所で事故が起きれば、人類にとって、否、地球上のあらゆる生物にとって最も重要なる空気が広範囲に長期間に渡って汚染される重大問題です。
 事故が起きずとも、正常に廃炉したとしても非常なる長期間の処理を必要とし、また使用済みの廃棄物の処理はまだ解決されていないのです。何としても核の利用は戦争用も平和利用も、絶対廃止すべきと思います。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 想い出を暖めて「心の旅」=クリチーバ 田口さくお2015年9月15日 想い出を暖めて「心の旅」=クリチーバ 田口さくお  私は老童卓球部の仲間である友人から、今NHKで『心の旅』という番組をやっていて、なかなか面白いからと教えられました。私は特別な番組がない限りあまりNHKは見ないので、知らなかったのです。 […]
  • イタペセリカ日本語学校開校80周年=サンローレンソ・ダ・セーラ 丹生登2015年8月4日 イタペセリカ日本語学校開校80周年=サンローレンソ・ダ・セーラ 丹生登  1935年開校とのことですが、それより以前に始まった日本語学校が何ケ所も有った様です。しかし、現在までも続いてるのは他に少ないのではないかと思われます。特に第二次大戦中の40年から46年までは外国語の検閲が厳しく、ほとんどの日語校は閉鎖されたそうです。 イタぺセリカ日語学 […]
  • 運動会=サン・ローレンソ・ダ・セーラ 丹生登2015年6月9日 運動会=サン・ローレンソ・ダ・セーラ 丹生登  近年の日系団体の集まりに若い人達の参加が少なく、特に県人会の集まりなどには高齢者が殆んどで、如何にして若者を集めるかが各団体の課題のようです。戦前は団体の中心会館が寄り所で、 戦後も私が移住してきた当時1950年代後半期から60年代頃は、日曜には会館に行って何かの催しに参 […]
  • 特別寄稿ウィーン編=移民労働者が語る魂の話=肉体と精神が離れる病とは=サンパウロ市 ヴィラ・カロン在住 毛利律子2018年9月19日 特別寄稿ウィーン編=移民労働者が語る魂の話=肉体と精神が離れる病とは=サンパウロ市 ヴィラ・カロン在住 毛利律子  8月下旬、所用で訪問したウィーンでのこと。  オーストリア・ウィーンといえば、昔から伝統的に、ゲルマン系、スラブ系、マジャール系(モンゴル系ハンガリー人)、ラテン系の多彩な民族を集約する都市として栄え、今日も石油輸出国機構(OPEC)、国際原子力機関(IAEA)、国連ウィー […]
  • 《ブラジル》電気代が4月限定で値下り=昨年の不適切徴収を返金2017年3月30日 《ブラジル》電気代が4月限定で値下り=昨年の不適切徴収を返金  ブラジル国家電力庁(Aneel)は28日、4月分限定で電気代値下げを行うと発表したと、29日付現地紙が報じた。  リオ州では、原子力発電所、Angra3が建設されている。同原発の稼動は2019年以降だが、2016年に、原発負担分が誤って全国の電気代に上乗せされてしまっていた […]