ホーム | コラム | 樹海 | 自分の首を真綿で絞める?

自分の首を真綿で絞める?

 ブラジルでの春は23日午前5時20分からだが、サンパウロ市ではここ数日、最高気温が35度前後という暑い日が続いている▼冬はどこへ行ったのかと言いたくなる毎日は、北東伯から中西伯、南東伯まで広がる乾燥した大気の塊が寒冷前線の接近を拒んでいるために生じており、北東伯などでは歴史的な干ばつも起きている▼一方、寒冷前線が押し寄せる南伯は、水害を伴う、荒れた天候が続いている。日本に目を転じれば、史上2番目に強くなるとされるエルニーニョは、鬼怒川の堤防決壊などを招く程の台風が例年以上に発生する原因でもある。太平洋の水温上昇は南米では大雨と干ばつを招くため、ペルーなどは今年のエルニーニョは強力と報じられた途端に洪水対策強化を始めた▼海水温や酸性度上昇は人類の諸活動が原因といわれて久しく、地球温暖化とも密接に関係しているが、各国の思惑などが先行し、平均気温の上昇幅を産業革命前の2度以下に止めるための世界的な合意は一向に成立していない。年々増える車や排気ガス、人もいないのに点いている電気など、誰もが毎日繰り返している行為が温暖化に繋がっているのだから、人類は自分で自分の首を絞めている事になる▼悪い事にこれらの行為の結果はその場で見えないし、気づいた時は手遅れという可能性もある。飲み水さえ不足して戦争が起きるとの声は地球温暖化が叫ばれ始めた頃から出ていたのに、現状はほとんど不変のままだ。サンパウロ州の水危機もある意味で無秩序な森林伐採などの結果だが、為政者達は科学者達の警鐘に耳を貸さなかった。昨夏は扇風機が飛ぶように売れたブラジル。これもある面、自分の首を真綿で絞める行為だが。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ2019年2月1日 なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ  現在、アラブ首長国連邦で開催されているサッカーのAFCアジア・カップ。今回のトーナメントで日本代表は大活躍し、今日1日ブラジリア時間の正午にカタールと優勝をかけて決勝を戦うが、これは南米サッカー界にとっても思わぬうれしい結果となった▼なぜなら、6月に行なわれる、サッカ […]
  • なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?2018年2月6日 なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?  《アメリカに新しい帝国権力(novos poderes imperiais)はいらない》―エスタード紙(E紙)2日付によれば、米国のレックス・ティラーソン国務長官は先週、6日間でラ米5カ国を外遊するのに先駆けて、そう宣言した。 […]
  • 樹海拡大版=マドゥーロ独裁政権の裏幕は軍幹部とキューバか2019年1月29日 樹海拡大版=マドゥーロ独裁政権の裏幕は軍幹部とキューバか 親米勢力VS反米勢力  「一つの国に二人の大統領」――ベネズエラは異常事態に陥っている。  しかも、『グアイド暫定大統領側』(国民議会議長)には米国を盟主とする汎米諸国(ブラジルなどリマグループ)や英仏独などのEU主要諸国、『マドゥーロ大統領』の側にはロシア、中 […]
  • 《ブラジル》オダギリジョー主演で『革命の侍』映画化2017年4月11日 《ブラジル》オダギリジョー主演で『革命の侍』映画化  キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの戦友としてボリビア山中で政府軍と戦って亡くなった唯一の日系人、前村フレディ(ボリビア二世、1941―67)の話を2012年2月に連載『ゲバラと共に戦った前村=ブラジル親族と再会したボリビア子孫』として紹介した▼フレディの姉マリーさんとその息 […]
  • 「奴隷の呪い」とゼネスト2017年5月5日 「奴隷の呪い」とゼネスト  4月28日(金)朝、ゼネストを勝ち誇るように「サルネイ政権時にインフレ激増へ抗議した1980年代以来の大型ゼネスト」との仰々しい文字がならぶメールが、左派組合広報から送られてきた。かと思えば、反PT系言論人はテレビやフェイスブックで、「ストの名を借りた暴力沙汰。あれは […]