fbpx
ホーム | 文芸 | 読者寄稿 | 日本語教育=カンピーナス 鈴木マリア恵美子

日本語教育=カンピーナス 鈴木マリア恵美子

 8月26日(水)付のニッケイ新聞「オーリャ!」を興味深く読ませていただきました。「ブラジル人の友人と日本語・葡語の交換授業…互いの母語を教えあう…」とありましたが、「母語は話せても教えられない」というのが、かなしい現実ではないのでしょうか。
 日本人でありながら、ブラジル人でありながら、どちらも母語の説明ができないのはフツーなんです。当然なんです。多いに可能だと思うのは「外国人同士が、相手の母語を使いコミュニケーションが成立するまで会話をする」ことでしょう。つまり、話しては訂正してもらい、話しては訂正してもらい、お互いに練習するのみでしょう。
 そしてブラジルに住んで葡語をイマ―ジョン状態において学ぶ事より、ブラジルに住んで日本語を外国語として学ぶ事の方が困難です。いずれの状態においても「なぜ?」「どうして?」などの質問には、それなりに答えられる準備を積み重ねている語学教師に任せることでしょうね。
 これらの質問に母語話者が答えられるのであれば、外国人のための日本語葡語教師、又はその養成は必要ないことになりますよね…。
 リタイヤを既にしていますが、日本語葡語教師をしていたころ悩みに悩んだわたしも一言、と思いペンを取りましたと書いたんですが、『ペンを取る』ではなくて『メールする』でしょう?と言われそうです…。
 そうなんです。言語は生きているとまでは言いませんが、新語や流行語などがどんどん表れ、常に変わっている事は一目瞭然!国際化によりどの言語も国境なしに広がり、iパッド、iポッド、iフォンによって国境を無視して勝手に広がっているようにも思えます。
 日本語学習の目的も多様化し、それにあわせた教授法を設定する時間もなく、本当の初心者でありながらも『でもは逆説?』『コスパ?』などの質問に追われるのが現在の状況です。
 簡単に答えれば、国語文法では『でも』は逆説の接続助詞ですが、学習者には簡単に『助詞です』と伝えればいいと思います。なぜかというと助詞は二つのもの(語彙や文)をつなぐ言葉であり、前後がなければ意味不明だからです。
 やさしい文章の例ですが、「テレビでもみよう」は「一回でもたべなさい」と同じで、二つの語彙をつないでいます。文末がどうのこうと言わずに、この場合のでもは単なる sugestão, proposta であり、テレビを「たとえば一回だけ」の意味でまとまります。
 「きれいでもたかい!」は「ブラジル人でもパウロさんは日本語が上手です」と同じで、二つの文をつなぎ逆説の接続助詞となり、「きれいだが…」又は「ブラジル人ですが…」の意味でまとまるのではないでしょうか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『日本の年中行事』絶賛販売中=年中行事を網羅、丁寧な解説も2018年8月28日 『日本の年中行事』絶賛販売中=年中行事を網羅、丁寧な解説も  日本国の成り立ちから四季折々の年中行事にいたるまで、日本の文化や風習を纏めた一冊『日本の年中行事(Eventos anuais do […]
  • 楽しい日本語学習を提案=ブラジルかわいい大使 松田明美さん講演会2018年4月17日 楽しい日本語学習を提案=ブラジルかわいい大使 松田明美さん講演会  「ブラジルかわいい大使」の松田明美さんが先月28、29日、ブラジリア大学と連邦直轄区言語センター(CIL)セイランジア校にて「カワイイ文化と日本語の醍醐味」と題した講演会を行った。日本大使館、国際交流基金主催。日本文化や日本語に興味を持つ非日系人が、両日併せて200人 […]
  • 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成2015年8月13日 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成  サンパウロ大学(USP)や関係学会により、10~13日まで開催されている日本語教育に関する国際シンポジウム『EJHIB2015』の事前行事として日本語教師向けワークショップが9日、ニッケイパレスホテルであった。早稲田大学中川千恵子、東京大学大学院峯松信明両教授が講演を行った。 […]
  • 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から2015年7月29日 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から  日本語に関するシンポとしては過去最大規模という『EJHIB2015(継承語、アイデンティティ、バイリンガルの日本語教育に関する国際シンポジウム)』が8月10~13日まで、サンパウロ大学(USP)で開催される。 USPや関係学会により実行委員会が組織され開催に至った。案内に […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]