fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | ネイル市場の開拓なるか=付け爪超えるロング型

ネイル市場の開拓なるか=付け爪超えるロング型

公式サイトより

公式サイトより

 ブラジルのネイル市場拡大に向け、有限会社アムズの福島章嘉代表らが、新しいファッションを提案している。その主役はロングネイル。従来の付け爪よりも2倍以上長い特徴的な装飾品だ。
 同社は日本で、ネイル用材料などの卸販売をしている。福島さんは3年前からブラジルを訪れており、当地のネイル需要を注視していた。2年前に当地でアムズ・ニッポン(Av. Getulio Vargas, 1089, Poa)を立ち上げ、サイト(www.e-amth.com.br)で輸入販売を始めている。
 ロングネイルはの特徴は液体と粉で人工的な爪を作り、仮歯を作るように爪を延長できる所にある。「不自然な段差ができず、付け爪とは違って一カ月は保持できる強度が特徴」という。しかし難易度が高く、写真のように仕上げられる技術者は日本でも10人以下とのこと。
 近年、二千億円を超えたという日本のネイル市場と比べ、同氏は「ブラジルはまだネイルサロンの開店数が少なく、これから伸びる業界」と考える。「サロン発祥はアメリカだが、日本に入ってくると器用な日本人が技術を高め、今や世界一になった。そこで使われている材料をブラジルでも紹介したい」と意気込んだ。
 問い合わせは同社(電話=11・3230・7930、メール=contato@e-amth.com.br)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 ロングネイル(長い飾り爪)をつけると一カ月は保持できるそうだが、どうやって生活するのか? 缶ジュースのフタは開けられないだろうし、コンタクトレンズも外せない。そう思っていたが、生活上の工夫がロングネイル関連サイトに写真つきで紹介してあった。ジュースはプルタブにコインを差し込んで開け、コンタクトレンズは人差指の第二関節を使って外すのだとか。生活を犠牲にしてまで長い爪をつける必要を感じる人は、ブラジルにどれだけいるのだろうか。ただし目立つことが重要なカーニバルなどのイベントでは大流行するかも?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月21日 東西南北  サンパウロ市内のフェイラの中には、NPOと称する団体が新型コロナウイルスの簡易検査を行っているところがある。10月13日現在の同NPOのデータだと、1029人がテストを受けたところ、960人は陰性だったが、69人は陽性だったという。この検査は15分間で結果が出る上、検査にかか […]
  • リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第2020年9月29日 リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第  「リオのカーニバル」がコロナ禍のために延期される事になったと24日付伯字紙サイトが報じた。  エスコーラ・デ・サンバの代表達が24日に満場一致で決めたもの。21年2月のスペシャルグループのパレードは、日程未定のまま延期となった。代表達は、新たな日程は予防接種ワクチン […]
  • 人文研=川添博さんがZOOM講演=長崎の被爆の歴史を深堀り=参加者と『長崎の鐘』歌合唱2020年9月16日 人文研=川添博さんがZOOM講演=長崎の被爆の歴史を深堀り=参加者と『長崎の鐘』歌合唱  サンパウロ人文科学研究所(モラレス松原礼子理事長)は、ブラジル長崎県人会(森繁親会長)、ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)と共催し、9月26日19時30分より長崎被爆75周年オンライン講演会「75年・長崎・カーニバル・ブラジルから平和の歌を」をZOOMで行う事 […]
  • 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も2020年7月28日 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も  新型コロナウイルスの影響により、年越しイベント(レヴェイオン)やカーニバルのようなサンパウロ市やリオ市に代表される大型イベントの開催が、続々と中止や延期になっている。25~27日付現地サイトが報じている。  年越しイベント「レヴェイオン」に関しては、サンパウロ市のパ […]
  • 東西南北2020年7月23日 東西南北  サンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)に出場するエスコーラ・デ・サンバ(サンバチーム)が「来年のカーニバルは5月に開催してほしい」と、主催者である市に希望していることがわかった。通常は2~3月。20日にスペシャル・グループに属するチームの連合会「LIGASP」の会合 […]