ホーム | コラム | 樹海 | なぜブラジルCDSが500bpを突破して上昇中なのか?

なぜブラジルCDSが500bpを突破して上昇中なのか?

 「ブラジルCDS」という金融派生商品の保証料率が28日に540bpまで上がった。国の債務不履行に備える保険のような商品で、数字が高いほど〃危険〃。ウクライナで内戦状態のロシアでも380前後だから相当危険か。ブラジルもコンフェデ杯(13年)前は100前後と安全圏だったが、その後の上昇傾向は激しい▼連邦政府が前代未聞の来年度赤字予算を提出した8月31日頃から同数値は急激に上がった。9月9日に格付け会社S&Pがブラジルを投機的水準に格下げ。翌日から更に急上昇して400を超え、22日に1ドル=4レアルを超えた流れから25日に500を越えた▼CDS上昇=「国債が危ない」との連想も働くが、「みずほインサイト」14日付には、S&Pが格下げしたのは「外貨建て長期債」だとある。ブラジルは04年時点では国債の20%以上が外貨建てだった。FHC時代は「外国から大借金」の状態だったのを、ルーラ時代に国内債への借り換えを行い、今は95%がレアル建てだ▼S&Pもレアル建てブラジル債の格付けは「投資適格級」を維持とか。日本の国債も95%は円建てであり、外貨建て比率が低いことは外国勢に経済政策へ口を出させない重要な条件だ。その割にCDSの上がり方が激しく、投機的な意図を感じる▼ただし、08年には国外在住者のレアル建て国債保持者は5%程度だったが現在は20%。彼らにレアル安は響くのでCDSが上昇したか。それとも今週クーニャ下院議長が大統領罷免審議の開始可否を判断する政治リスクのせいか。500突破の理由は分かりづらい。よく言われる通り「ブラジルは一見さん向きではない」。(深)

ブルームバーグのブラジルCDSチャート

http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=Cbrz1u5%3AIND

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年5月19日 東西南北  17日のジョエズレイ・バチスタ氏の録音付きの報奨付供述発覚の影響はとどまるところを知らず、翌18日には早速、閣僚離脱が起きた。ブルーノ・アラウージョ(民主社会党・PSDB)都市相だ。同氏は辞任の理由を、党内の声を聞いた結果としている。14年大統領選で斬りあいのような激しい選挙 […]
  • 血の契り2018年5月1日 血の契り  「血の契り(Pacto de […]
  • 「選挙対策」としてリオ直接統治を見ると?2018年3月20日 「選挙対策」としてリオ直接統治を見ると?  ここ1カ月のリオの動き、連邦政府による治安部門の直轄統治は、「選挙対策」として見ると興味深い。現政権が腕まくりして取り組んできた社会保障制度改革が、週明けの下院承認がムリだと噂され出した2月16日、テメルは突然、直接統治暫定令を出した。しかも、社会保障制度改革を通すた […]
  • 《ブラジル》ジャノーVSテメルの攻防はこれからが本番2017年6月13日 《ブラジル》ジャノーVSテメルの攻防はこれからが本番  「裁判官として、墓地の穴掘り人の役割は拒否する。通夜に足を運んでもよい、だが、棺桶をかつぐ気はない」。注目のジウマ/テメル・シャッパ裁判で無効を強弁したヘルマン・ベンジャミン報告官が語った、この言葉は実に興味深い。棺桶の中に横たわっているのは「司法」そのものを示唆して […]
  • 《ブラジル》じわじわと追い詰められるラヴァ・ジャット作戦2017年6月2日 《ブラジル》じわじわと追い詰められるラヴァ・ジャット作戦  昨年来、ラヴァ・ジャット作戦の対象に首都の政治家が入るようになり、「激震の発信地」がクリチーバとブラジリアの両方になった。最近特にジャノー連邦検察庁長官が「台風の目」としての存在感を強めてきた。その暴風に抵抗するためにテメルを中心とした「アコルドン」(大同盟)が裏で形 […]