ホーム | コラム | 樹海 | ますます遠のく財政緊縮…

ますます遠のく財政緊縮…

あくまで冷静を装って、記者の質問に答えるクーニャ下院議長(Foto: Gustavo Lima/Câmara dos Deputados)

あくまで冷静を装って、記者の質問に答えるクーニャ下院議長(Foto: Gustavo Lima/Câmara dos Deputados)

 今年7月、英経済専門紙は伯国情勢を「終わりないホラー映画」と喩えたが、むしろ「道化師芝居」の様相を呈している▼PMDBが主張する官庁削減をジウマが受入れて39省庁から31に減らし、「2018年までは安泰」と再出発した。その翌日、歳出増加の爆弾法案に大統領が拒否権を行使した件を追認すべく招集した議会で、PMDBを中心に与野党議員がサボタージュして流れた。ルーラ提案を呑んでPMDB大臣を増やした譲歩で、今後は同党挙げた協力が期待された矢先だ▼流れた直後の会見でレナン上院議長は「私は組閣人事に一切口出しをしていない。議会は議会」と言い切った。ジウマが新組閣の人事案をテメル副大統領、レナン上院議長、クーニャ下院議長に求め全員から断られ、同党の別要人に頼って組閣した経緯がある。つまりPMDBは依然、各派閥が好きなように振る舞うカオス集団だ▼PMDBの天下か―と思いきや、「大統領罷免請求」の下院審議を開始する権限を握る、派閥領袖の一人クーニャ下院議長が、スイス隠し口座の件で進退窮まっている。一気に辞任圧力が強まったが、これがしぶとい▼今週、連邦会計検査院が昨年の粉飾会計に違法性を認めれば大統領罷免への道が開ける。それに加え、高等選挙裁判所(TSE)は、最大野党PSDBが要請した、昨年の選挙時にペトロブラス疑惑の汚職資金が選挙運動に流れていた疑惑捜査の継続を6日に決定した。「正副大統領の職責剥奪」の可能性があり「大統領選やり直し」もありえる▼組閣早々のドタバタ劇で、伯国格下げ回避に必要な財政緊縮は遠のいたとの見方もさっそく出ている。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ネイマール所属チームの“ぬるま湯”2019年5月3日 ネイマール所属チームの“ぬるま湯”  4月27日のサッカーのフランス杯決勝。敗れたPSGのネイマールは、彼曰く「暴言を吐いた」というファンを小突くという、サッカー選手としてあるまじき行為を行なった。この行為で彼は、同国での試合の出場の長期出場停止を噂されている▼既にセレソンの主力となって8年くらい経つネイ […]
  • ネイマールはこのままでいいのか?2019年2月8日 ネイマールはこのままでいいのか?  昨年のW杯でいまひとつ活躍できず、むしろ髪型や大げさな転倒などをからかわれたネイマール。それ以降、イメージのよくない彼だが、今週、「果たして彼に、自覚はあるのか?」と首をかしげずにはおれない行動をとった▼それは4日夜にパリで行なわれた彼の誕生会だった。27回目の誕生日 […]
  • 大統領「息子を優遇して何が悪い?」には幻滅2019年7月23日 大統領「息子を優遇して何が悪い?」には幻滅  大統領には、本当にいい加減にしてほしい。まだ下院の社会保障改革案承認の2回目が控えており、いわば詰めの段階だ。本来なら今こそが政権の最重要課題の正念場、一番大事な時だ。それなのに大統領は、開いた口が塞がらないような発言を各方面に連発して、世間を呆れさせ、重要案件への集 […]
  • なぜCOAFの所属をめぐって激論になるのか?2019年5月28日 なぜCOAFの所属をめぐって激論になるのか?  ボウソナロは連邦議会で負け続けている。一番象徴的なのが金融活動管理審議会(COAF)の所属に関する票決だ。  モロ法相が「汚職撲滅のために法務省に絶対に必要」と希望しているのを尊重して、現状のままにする動きが与党側から何度出されても、ことごとくセントロン(中道議員に […]