ホーム | 日系社会ニュース | 絵画や工芸作品が300点=文協美術展が開幕、18日まで

絵画や工芸作品が300点=文協美術展が開幕、18日まで

初日から多くの来場者があった

初日から多くの来場者があった

 ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)主催の『第9回文協総合美術展』が、11日から聖市の文協ビル(Rua Sao Joaquim, 381)で始まっている。10日午後には大講堂で開会式と優秀作品の表彰が行なわれ、400人以上が訪れた。
 現代画、具象画(美展)、工芸の3区分に約150人から300作品ほどが集った。金子謙一美術委員長らによる審査によって、現代画部門には宮坂トム、美展部門には林敏子、工芸部門にはフェルナンド・アイダール各氏が金賞に選ばれた。
 林さんは自身2度目の金賞を獲得。『未来へ』と題した作品には、「見た人に明るい気持ちを与えたい」という思いを込めた。「嬉しい結果だけどまだまだ勉強不足。死ぬまで美しさを追求したい」と気持ちを新たにした。
 若林和男さん、豊田豊さんら著名な芸術家の作品も展示されている。開催は18日までで平日正午~午後5時、土曜は午前10時~午後5時、最終日は午前10時~午後3時。
 問い合わせは文協(11・3208・1755)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ