ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ブラジル日系文学会の中田みちよ会長によると、松井太郎さんの小説『うつろ舟』は最初、白紙に升目を書いて原稿用紙とし、そこに文章を手書きして、コピー配布していたという。その後、本紙でも04年に6面小説欄で紹介され、日本の文学研究者にも注目されるようになって10年に京都の松籟社から出版された。いわば、祖国に〃凱旋〃した後、今度はポルトガル語版が出版されて養国にも錦を飾ることに。二世の同化を描いた作品だけに、一般社会で、どう読まれるのか気になるところか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年6月5日 大耳小耳  本面下部に掲載した「教育勅語」は、サンパウロ州イタチーバ市で5月24日に亡くなった森西茂行(しげゆき)さん(享年、98)が、人生最後の日まで「これを広めたい」と希望していたもの。子息の森西カルロスさんの要望により、本紙購読料の残金と引き換えに特別に掲載した。「1890年10月 […]
  • 大耳小耳2020年6月4日 大耳小耳  1日夜、サンパウロ州が外出自粛緩和を徐々に開始するといった初日の帰路。街では、まるで自粛が終わったかのように、マスクを外して帰る姿がちらほら。東洋街のバールの中には、シャッターの奥でこっそり宴会をしている姿まで目撃された。これからがピークと言われているのに、安堵するには早すぎ […]
  • 大耳小耳2020年6月3日 大耳小耳  記者が居候するサンパウロ市ミランドーポリス区にある親戚宅アパートでは、3月から毎晩ボウソナロに抗議するためにパネラッソ(鍋たたき)をする住人がいる。最初は注意する人もいなかったが、さすがに毎晩だと煩く感じる人も出てきて、最近では鍋たたきに「シーッ」と注意する人が出てきた。注意 […]
  • 大耳小耳2020年5月30日 大耳小耳  サンパウロ州では来週6月1日から段階的に外出自粛が徐々に解除される予定。サンパウロ市メトロも人出がもどりつつあり、ちょっと前まで通勤時に空席がたくさんあった車内だが、昨日などは座れず、出入り口付近に立っている乗車客も多くなってきている。サンパウロ市では商店や事務所も営業を始め […]