ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ブラジル日系文学会の中田みちよ会長によると、松井太郎さんの小説『うつろ舟』は最初、白紙に升目を書いて原稿用紙とし、そこに文章を手書きして、コピー配布していたという。その後、本紙でも04年に6面小説欄で紹介され、日本の文学研究者にも注目されるようになって10年に京都の松籟社から出版された。いわば、祖国に〃凱旋〃した後、今度はポルトガル語版が出版されて養国にも錦を飾ることに。二世の同化を描いた作品だけに、一般社会で、どう読まれるのか気になるところか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年11月28日 大耳小耳  在サンパウロ日本国総領事館(野口泰総領事)とヘブライカ・クラブが共催する「ヘブライカの中の日本文化イベント」が、今月27日~12月1日まで、サンパウロ市の同クラブ(R. Hungria, 1000 - […]
  • 大耳小耳2019年11月27日 大耳小耳  今月17日に行われた「国士舘スポーツセンター」で建設中の「原沢パビリオン」の上棟式では、「ビュッフェ奄美」の料理が提供された。ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会の菊地義治実行委員長によれば、「あの料理はコチア青年や国士舘マレットゴルフ協会の皆が用意してくれた」のだとか。 […]
  • 大耳小耳2019年11月26日 大耳小耳  サンパウロ市のジャパン・ハウス(Av. Paulista, 52 - Bela […]
  • 大耳小耳2019年11月23日 大耳小耳  ブラジル高知県人会は今週の日曜日に、フェイジョアーダの食べ放題が楽しめる「フェイジョアーダの日」を開催する。日系社会でよく言われるのが「日系団体の婦人部が作る日本食は、家庭的で日本料理店に勝るくらいおいしい」ということ。彼女らの料理は慣れ親しんだ「おふくろの味」。今回は日本食 […]