ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 世界保健機関(WHO)が19日、世界の交通安全についての報告書を発表した。2013年の交通事故死亡者数は世界全体で125万人(推計)に上ると公表。日伯両国の交通事故死亡者数を比べると、大きな開きが。2012年時点での10万人当たり死亡者数は、日本が4人弱、ブラジルは22人を超え、実に5倍以上の差がある。当地の交通事情の悪さは承知していたが、この具体的な数値の違いを見ると、改めて冷や汗が…。くれぐれも運転時や道路横断時には御注意を。
     ◎
 一般財団法人日伯協会主催で「第14回移住ミュージアム企画展」が24日から神戸市の海外移住と文化の交流センターで始まる。テーマは「日本人なくして北パラナの開拓はなかった」。本紙6面で連載中の小説『百年の水流』(開発前線編第一部=北パラナの白い雲)は著者の外山脩氏の膨大な取材量によって、コロニアの当時の情景を鮮明に想像させてくれるが、日本でも歴史を知るチャンスがあるよう。今年は同州と兵庫県姉妹都市提携45周年。日本からも友好の声が聞こえている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2015年1月21日 大耳小耳  沖縄タイムスによれば、沖縄県のサンバグループ・アンダギーニャのリーダー宮城佳代子さん(35)と沖縄ブラジル協会事務局長の米須清秀さん(45)が14日、那覇市役所に久高将光副市長を訪ね、22日に姉妹都市のサンパウロ州サンビセンテ市で開催される「市創立記念ミュージカル」に出演 […]
  • 大耳小耳2014年8月29日 大耳小耳  30歳のころ旅行で初来伯した中島紀于社長は、「広大で肥沃な大地を持つブラジルでいつか仕事がしたい」との大望を抱いた。その夢を実現するために岐阜で工務店を育て上げ、今では名だたる会社となり、「忙し過ぎてブラジルまで中々来られない」と笑う。80周年の時、日本館運営委員の田村ワ […]
  • 大耳小耳2014年11月28日 大耳小耳  モジ文協の幸村ペドロ理事長は「各バイロ(区)の日本人会では人数が減っているところがあり、運動会をやっても人が集まらず淋しい思いをしていた。今年から文協が運動会を始め、大人数が集まって楽しかったと好評だった。皆が集まれる場を作り、若い新会員が集う組織にしたい」との抱負を述べ […]
  • 大耳小耳2013年3月13日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年3月13日 […]
  • 大耳小耳2018年4月19日 大耳小耳  サンパウロ州パウリスタ線の中心都市にあるマリリア日系文化体育協会(シミズ・ケンイチ会長)が主催する「第16回ジャパン・フェスチ」が、19、20、21、22日の4日間、同協会(Av. Benedito Alves Delfino, […]