ホーム | 日系社会ニュース | エティオスなどを当選者へ=援協リッファ贈呈式

エティオスなどを当選者へ=援協リッファ贈呈式

 サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)が15日午前、2015年度のリッファ賞品贈呈式を本部神内ホールで行った。1等のトヨタ・エティオス車はマルセロ・アジフさんが手にした。
 協力企業であるトヨタ、ホンダ、パナソニック各社の代表者も訪れ、当選者らに賞品を授与した。2、3等はホンダのオートバイ、4、5等にはパナソニックの冷蔵庫と洗濯機がそれぞれ贈られた。
 1等当選者のマルセロさんが代表して挨拶に立ち、「今までもリッファは買っていたが、まさか当たるとは思わなかった。非常に嬉しい。本当にありがとう」と、予想外の当選に驚きを隠せない様子だった。
 今年は10枚綴り2500冊を完売し、約34万レアルを売り上げた。菊地会長は、「皆様のご協力のおかげ。賞品を提供してくれた企業の皆さんにも感謝します」と挨拶。援協から各企業に感謝プレートが贈呈された。当選者は次の通り(敬称略)。
 1等=マルセロ・アジフ、2等=ワルテル・ササキ、3等=アルリンド・ベルダデイロ、4等=テルヒコ・オカモト、5等=ゲツリオ・ヨコトビ

image_print

こちらの記事もどうぞ