ホーム | コラム | オーリャ! | カンポ・グランデの沖縄県人

カンポ・グランデの沖縄県人

 秋篠宮両殿下ご訪問に際し1日、南麻州カンポ・グランデに滞在した。取材の合間に市内案内役を買ってくれたのが、本紙協力者の名嘉正良さん(80、沖縄)。
 記者が「案内して欲しい」とお願いすると、わずか2時間足らずの間に詳細な解説付きで現地日系3団体を全て回ってくれた。
 沖縄県人の結束の強さ、文化・歴史を伝承する姿勢は本紙でも伝えてきた通り。聞きしに勝る、溢れ出るパワーに改めて驚かされた。
 最初に案内されたのは昨年建立した「沖縄県人入植100年周年記念碑」。「希望の大地」と彫られた碑を前にした名嘉さんの誇らしげな表情が忘れられない。
 「他の県人会が束になっても敵わないよ」という某県人会長が漏らした言葉を、移動の車中で流れるBEGINを聞きながら、しみじみ思い出していた。(桃)

image_print

こちらの記事もどうぞ