ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 依然として続く、サンパウロ州州立校の統廃合への抗議行動だが、昨日付でも報じた、11月30日にサンパウロ市西部ピニェイロスのレボウサス通りとファリア・リマ大通りで起きた道路封鎖の方法はユニークなものとして注目された。生徒ら約50人が、実際に州立校で使われている椅子をならべて座ったりしたのだ。いかにも子供が書いたと思われるクレヨンでの落書きが背もたれの部分に見かけられたりしたところなどは、「州は子供たちの大事な場所を奪うのか」といった、社会からの同情や共感を集めるには効果的か。抗議の長期化は必至だが、対話をもとに、くれぐれも穏便な解決を望みたいところだ。
     ◎
 かねてから話題となっていた、学生証によるコンサートや映画、演劇、スポーツ・イベントのチケットの半額サービスが、全販売分の40%にしか適用されなくなる法案が、12月1日から正式に適用された。この法案は、チケット購買者の大半がこの半額チケット制を利用しており、収益があがらないことを不服とするイベント業者などの要望で生まれた。法案審議の際、「半額が減る分、正規の価格が安くなる」との約束が交わされたというが、その成果やいかに。
     ◎
 サッカーのブラジル杯決勝のパルメイラス対サントス戦第2試合が本日夜、パルメイラスの本拠地アリアンツ・パルケで行われる。第1戦はサントスが1―0で制したが、得失点差は1点のみでホーム開催でもあり、パルメイラスにも勝機はある。得失点差で勝った方かペナルティーで勝った方が、リベルタドーレス杯進出となる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年3月12日 東西南北  コロナウイルスや原油価格下落による株暴落が世間の話題を独占する中、ボウソナロ大統領が行った発言が、ロイターなどを通じて世界中に打電されている。同大統領は10日、マイアミでの講演会で「コロナウイルスは報じられているほどのものではない」「マスコミが大騒ぎしているだけで、原油価格急 […]
  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]
  • 東西南北2019年12月3日 東西南北  ボウソナロ大統領が11月29日に行った「アマゾンの森林火災はレオナルド・ディカプリオに原因がある」という発言は、この週末、国際的な報道機関のみならず、芸能メディアでも報じられるなどして一般大衆にも広がり、「では、ブラジル海岸部に漂着した油はタイタニック号から来たのか」「どおり […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年10月27日 東西南北  今月中旬に、サンパウロ市地下鉄1号線、2号線と連結した5号線の営業が通常化したことで、5号線の利用者が倍増して話題となっているが、今日は、地下鉄4号線のサンパウロ/モルンビ駅が開業することとなった。これができると、これまでバスでしか行けなかった、サンパウロFCの本拠地で、有名 […]