ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治 | 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(4)

自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(4)

原始林の中の動物たち

原始林の中の動物たち

 時間が経つに連れ、原始林の中に三線の音が鳴り響き、老若男女が一体に成り、カチャーシーで喜びを分かち合っていた。沖縄に居たころは、「ユイマール」という言葉さえ聞いたことがなかったが、ボリビアに来て初めての体験であった。一人の力では出来ない仕事を隣近所、あるいは同郷人たちが力を合わせて成し遂げていく、いわゆる「共同作業」である。
 いま目の前で隣近所となる人々が一体となって、僕ら家族の家をアッという間に築き上げていく様子に、僕は吸い込まれるように感じいっていた。また酒座で喜び合う大人たちの姿に、言葉では表現し難いけれど人と人の心の繋がりのようなものに惹きつけられ、いつまでもその場から離れようとしない自分であった。
 「ユイマール」の共同作業は、厳しい坂道を乗り越えて行くためには是非必要なことである、と感じ自分から進んで大人たちに混じって行動した。特に、家作り、橋作り、道作り等に参加した。少年の僕でも役に立って、皆から喜ばれて嬉しかった。
 子供ながらにも、大人達の開拓の苦労の汗が、希望への一歩一歩となっていく、その喜びに体の芯から熱いものがこみあげて、早く大人の中に入って行きたいような気分に浸っていた。だが、大人たちの中には、酒に酔い自暴自棄となり、「沖縄政府にだまされた! 来て見ると全然状況が違う、我々はアメリカの計画で沖縄から捨てられた」と泣き叫ぶ人もいた。
 期待は裏切られ現実は厳しかった。同船者の中には、皆についていけず、残念ながら精神的な病いを患い、一家族が国援法で帰国させられる人さえいた。厳しい環境の波を乗り越えて行けない人もいた。

縁の下の力持ち

 母は、苦労、心労の中にありながらも、子育てには身も心も打ち込み懸命に生きてきたように思う。子供が病気で寝込んだり、不自由と孤独で寂しがる時に泣く子供の姿を見て可哀想だと思ったことだろう。だが泣いていては山の中では暮らせない、と子供らを勇気づける。
 地球の反対側まで来た以上は、気持ちを振り絞りひたすらがんばるしかなかったであろう。母は人影の見えない所で隠れて涙流していたという。母は、気丈夫で意志が強く、3名の子供のいる所では決して弱音を吐いたり、涙を見せたりはしなかった。
 毎日の畑仕事は、母と共に朝早くから夜遅くまで一生懸命働いた。母は、常々諭すように、「人先に儲かり、都会に出て商売をやるんだヨ」と僕に言い聞かせるのだった。僕には、母の言葉そのものが人一倍働き続ける母自身のように思えた。
 僕ら兄弟は、このような母に勇気付けられ、毎日の生活の中で、知らず知らずのうちに忍耐力、責任感という社会を生きていく上での人間的な道徳心や精神的な力を培われて成長したように思う。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(6)2015年12月8日 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(6)  学校もこれまでの一号線校とラス・ペタ校が合併してヌエバ・エスペランサ校(本部校)となり、パイロン校とリオ・グランデ校も合併しパイロン校(分校)となった。僕の家から本部校までの距離は約8キロもあったので、学校への行き帰りに馬車を利用した。 帰り道は、ドラム缶2個を乗せて水汲みを […]
  • 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(5)2015年12月5日 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(5)  母にブラジルの都会に再移住する、と告げると、母は大変喜んでくれた。11年間のボリビア移民地での精神修養、僕にとっての「無形の財産」となっているものは、[一人の女性の縁の下の力持ち]から学んだ今は亡き母の言葉である。「人一倍働けば必ず成功する」―この言葉は、困難に直面する時に、 […]
  • 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(3)2015年12月2日 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(3)  密林の中には、野生の吼え猿、七面鳥、山アヒル、名も知らない野鳥の群れがグァーグァー叫び、山の中を響かせていた。まさに野鳥の天国である。イノシシ、鹿、山猫、大蛇等の動物にも出会った。豹、トラも出没するという話は聞いていたが、猛獣が恐ろしい、怖いという恐怖感はそれほどなかった。  […]
  • 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(2)2015年12月1日 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(2)  その数日後、第7次移民者に与えられた配分地は、ラスペタ(山亀)区地域と名づけられた。この地域の一部には、その昔牧場があったという跡地がそのまま残っていた。子牛が生まれる度に野獣に襲われ、牧牛を増すことができずに牧畜業をあきらめ別の場所に移動したという。その話は20~30年前の […]
  • 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(1)2015年11月28日 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(1)   ボリビアの原始林に囲まれた入植地は、まさに昼なお暗くという感じだった。蚊はびっくりするほど大群で襲ってくるため、蚊の多い夏の方が、沖縄の米軍の払い下げH・B・Tカーキーのジァンバー長袖などを着込んで厚着をし、道を歩く時は木の葉で蚊を追い払いながら歩いていた。 日が落ちて暗く […]