ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治 | 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(5)

自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(5)

ユイマールで住宅造り

ユイマールで住宅造り

 母にブラジルの都会に再移住する、と告げると、母は大変喜んでくれた。11年間のボリビア移民地での精神修養、僕にとっての「無形の財産」となっているものは、[一人の女性の縁の下の力持ち]から学んだ今は亡き母の言葉である。「人一倍働けば必ず成功する」―この言葉は、困難に直面する時に、いつも僕の胸に蘇る力強い言葉である。
 母は、沖縄県本部町の山村の貧しい農家に生まれ、戦前の小学校で学んだだけで、ほとんど学校での教育を受けていなかった。この母の教えは、「移民開拓精神」 に当て嵌まる僕にとっての諺だった。
 「チュ イチバイ ハタラチーネ カナラジ セイコウスサ」の諺は今でも守り通し、自分の子や孫にも言い伝え教える言葉である。

移民地の学校

 移民各団体がまとまって入植したが、道路事情も悪く、交通手段もほとんど全くなかったために、それぞれの入植地近くに学校校舎を建て子供たちの教育を始めた。
 「開拓に追われていて苦労が多いが、子供の教育だけは少しでも良いものにしてやりたい」、という父母たちの願いからであった。
 大人たちがユイマールで協力し合い、ジャングルの中から切り出した材木で小屋を組み立て、モータクーの葉で屋根を葺いた。こうして出来た校舎に手作りの黒板を備えて開校できた。

第1学校(一号線校) = 1960年7月開校第6次移民までの子弟中心。

第2学校(ラス・ペタ校) = 1961年7月開校第7次移民の子弟中心。

第3学校(パイロン校) = 1962年1月開校 第8次、第9次移住者子弟対象。

第4学校(リオ・グランデ校) = 1962年2月開校 第10次、第11次、第12次移民の子弟中心、それら4つの学校が創立されスペイン語中心に授業が始められた。

 ところで、入植2年後に米国政府から沖縄の海外移住者に対する援助資金がでて、夢にまで見た飲料水打ち込みポンプが第2組合本部の耕地内に完成した。深度53メートルいずれも4インチパイプを打ち込んだものだ。
 真水が豊富に汲めるようになり、人々は飛び上がらんばかりに喜んだ。これでコロニアの泥水生活は解消できたのである。
 第2コロニア沖縄では琉球政府ボリビア駐在事務所を中心に、ここにおいても米国政府から20万ドル大型無償援助金を受けて、ブルト―ザー2台が到着、原始林の中を道路が開かれていった。本部用地も着々と整地作業が進められた。
 入植当時の初代組合長は長山哲、専務が照屋弘であった。やがて組合事務所ができて、医務室、食料売店、機材倉庫、精米所、製材所、カトリック教会と次々に諸施設ができあがった。
 第1コロニア沖縄と、第2コロニア沖縄の貫通道路もでき上がり、道路も広く馬車、自転車、自動車の交通手段も増えて便利となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(4)2015年12月3日 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(4)  時間が経つに連れ、原始林の中に三線の音が鳴り響き、老若男女が一体に成り、カチャーシーで喜びを分かち合っていた。沖縄に居たころは、「ユイマール」という言葉さえ聞いたことがなかったが、ボリビアに来て初めての体験であった。一人の力では出来ない仕事を隣近所、あるいは同郷人たちが力を合 […]
  • 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(6)2015年12月8日 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(6)  学校もこれまでの一号線校とラス・ペタ校が合併してヌエバ・エスペランサ校(本部校)となり、パイロン校とリオ・グランデ校も合併しパイロン校(分校)となった。僕の家から本部校までの距離は約8キロもあったので、学校への行き帰りに馬車を利用した。 帰り道は、ドラム缶2個を乗せて水汲みを […]
  • 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(3)2015年12月2日 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(3)  密林の中には、野生の吼え猿、七面鳥、山アヒル、名も知らない野鳥の群れがグァーグァー叫び、山の中を響かせていた。まさに野鳥の天国である。イノシシ、鹿、山猫、大蛇等の動物にも出会った。豹、トラも出没するという話は聞いていたが、猛獣が恐ろしい、怖いという恐怖感はそれほどなかった。  […]
  • 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(2)2015年12月1日 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(2)  その数日後、第7次移民者に与えられた配分地は、ラスペタ(山亀)区地域と名づけられた。この地域の一部には、その昔牧場があったという跡地がそのまま残っていた。子牛が生まれる度に野獣に襲われ、牧牛を増すことができずに牧畜業をあきらめ別の場所に移動したという。その話は20~30年前の […]
  • 河川輸送大国パラグァイ=常石造船所を見学して=海がない国の工夫と知恵=アスンシォン在住 坂本邦雄2016年11月28日 河川輸送大国パラグァイ=常石造船所を見学して=海がない国の工夫と知恵=アスンシォン在住 坂本邦雄  去る11月10日(木)はアスンシォン老人クラブ寿会(菊池明雄会長)の会員41人が、首都アスンシォンの南方約40キロに所在する常石グループの造船所を見学した。港町ビリェタ市のパラグァイ河沿い工業団地内に、2008年に開設された同造船所。寺岡工場長の案内によって、皆で老いの好 […]