ホーム | コラム | 樹海 | 記事に見る明るい言葉

記事に見る明るい言葉

 「1万部まで部数を伸ばしたい」。ミュンヘン五輪でブラジル柔道界初のメダリストとなった石井千秋さんの『ブラジル柔道のパイオニア』のポ語版出版会で関係者。これだけ柔道が盛んな国だけに、決して難しくはないだろう。リオ五輪も控え、メダルが期待されるジャンルだけに、戦後移民の活躍を多くの人に知ってほしい▼「コミュニティの再生拠点に」。ブラジルタウンで知られる群馬・大泉町で在日伯人の施設建設計画があるようだ。様々な活動に加え、外国籍自児童のデイサービスなどの構想もあり、日本育ちの日系人に伝える資料館も備えたいという。関係者の思いにコロニアも寄り添いたい▼「自分の目で見ることができた」。兵庫県の農業リーダー研修への参加者。やはりこれが大事なのだと思う。おりしも県連代表者会議で「県費に限らない新たな研修制度を模索したい」と本橋幹久会長。県人会存続は、母県との人的交流あってこそ▼「改めて偉大さが分かった」。沖縄コミュニティに尽力してきた山城勇さんの米寿祝いに集まった450人を見て家族が漏らした。県人会活動に親子で尽力するケースはまれだ。ただ後年、父の姿を思い出す人は多いよう。こうした気づきが、次世代に伝わればと思う▼「安心して年を越せる」。岩手県人会のもち祭り。サンタカタリーナからの注文もあったとか。日本人にとって正月は気持ちの切り替えの節目。政治、経済、日々のニュースを見るたび、ため息が出る日々のなか、今後に繋がる言葉を拾ってみた。早くも忙しい師走。明るい言葉と来年への希望で残りわずかとなった2015年を過ごしたい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》外務大臣表彰=県連や陶芸家鈴木さんらへ=「これからも友好関係強化を」2017年11月7日 《ブラジル》外務大臣表彰=県連や陶芸家鈴木さんらへ=「これからも友好関係強化を」  平成29年度外務大臣表彰伝達・祝賀式が先月31日に在サンパウロ総領事公邸で行われた。受賞者のサンタクルス日伯慈善協会の石川レナト理事長、柔道家の石井千秋さん、陶芸家の鈴木章子さん、ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)に野口泰在サンパウロ総領事から賞状と記念品 […]
  • 中古の運動用具を伯人児童へ=福田さん、一念発起で寄付活動2017年3月10日 中古の運動用具を伯人児童へ=福田さん、一念発起で寄付活動  「貧しい子どもにスポーツを思いきり楽しんでもらいたい」。そんな熱意を胸に、『日伯スポーツ振興プロジェクト』を立ち上げた福田雄基さん(25、千葉)が1日に来伯し、日本で集めた中古の運動用具を直接伯人児童らに手渡した。  昨年のリオ五輪で初来伯したことが、この活動のきっかけ […]
  • 日本政府から栄えある栄誉=外務大臣表彰13個人・団体に=日本語教育や両国交流促進2017年7月5日 日本政府から栄えある栄誉=外務大臣表彰13個人・団体に=日本語教育や両国交流促進  2017年度外務大臣表彰の受賞者が先月29日に発表された。在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在ベレン領事事務所から計13の個人・団体が選出された。受賞者と功績は以下の通り(敬称略)。 【ブラジリア管内】▼秋本満敏(カンポ日伯農業開発(株)会社代表取締役副社長)= […]
  • 大耳小耳2016年12月14日 大耳小耳  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長が、先月末交通事故に合い現在自宅で療養中という。なんでもマイリポランの別荘からの帰り、車が横転し腰を痛めたとか。そのため、東洋街で先日開催された東洋祭りでは、48年の歴史のなかで唯一欠席した。ブラジル人政治家からも「リベルダー […]
  • 第3位=県連=創立から半世紀祝う=今まで一番と称賛相次ぐ日本祭2016年12月27日 第3位=県連=創立から半世紀祝う=今まで一番と称賛相次ぐ日本祭  3月31日に就任した山田康夫会長の新体制のもと、ブラジル日本都道府県人会連合会は『創立50周年記念式典』を8月7日、聖州議会で敢行した。延べ230人が集まり、半世紀を盛大に祝した。 […]